レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

国土交通省 中部地方整備局 高山国道事務所

今日は、岐阜県下呂市萩原町奥田洞に行ってきました。
奥田洞の国道41号線沿いに、まさに今日、新しい歩行者専用の橋が開通しました!
橋名は「今井橋 橋側歩道橋(上り)」です。




完成した橋を見せてもらいましたが、歩道に橋がかかっています。
この橋ができるまでは、歩行者の方はわざわざ国道を横断して、遠回りをしていたそうです。
国道41号線は交通量が多く、近隣には小学校や中学校があり生徒の皆さんも国道を横断し通学していたため、地域の方から歩行者専用橋の設立を強く望まれていたそうです。



着工から1年で、その橋が完成しました!
これからは遠回りすることなく、安全に通学、歩行して頂けます(^^)
明日は下呂市内の中学校の卒業式があり、さっそく萩原北中学校の皆さんが歩行者専用橋を利用するそうです。
便利になった橋を利用して頂くのが楽しみですね(o^^o)



今日は、国土交通省 中部地方整備局 高山国道事務所の澤田さんにお話を伺いました。
ありがとうございました。

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



三交不動産

今日は、三交不動産におじゃましました。
三交不動産は三重交通グループで、中部圏、首都圏、近畿圏で、様々な事業展開している総合不動産会社です。

注文住宅事業は「三交ホーム」のブランドで愛知県と三重県に8カ所の展示場があります。



三交不動産の注文住宅の特徴は、家を丸ごと外側から断熱材で包み込む外断熱工法を採用。一般的な断熱工法に比べ圧倒的に快適な住環境を実現できます。また地震への備えとして制震ダンパーを標準採用しています。制震とは地震のエネルギーを吸収して揺れを抑えることです。建物自体の強度により揺れに耐える耐震と組み合わせ、更に高い効果を発揮します。

三交ホームの家の耐震性は、住宅性能表示制度において最高ランクの等級3に該当し、加えて制震バンパーを標準装備することで耐震等級3+ αの強さを実現しています。
また、三交ホームは木材にもこだわっており、三重県大台町で育てられた木を現地に立ち上げたプレカット工場で加工し地域の皆様に提供しています。



2月22日から新商品「GRANTREE(グランツリー)」が発売となりました。内外W断熱+トリプルガラスの採用により、HEAT20 G2グレードのUA値0.46を上回る断熱性能を実現しています。
また新しいLDK、ファミリーラウンジと言う空間を提案しています。同じ場所にいながらそれぞれの時間を楽しむことができる大空間。家族やゲスト、家の中と外など、たくさんの緩やかなつながりが程良い距離感と心地よさを作り出します。詳しくはお近くの参考ホーム各展示場の係員にお尋ねください。




三交不動産 四日市展示場では現在「決算商談会」を開催中です。3月末までのキャンペーンですのでぜひこの機会にご来場ください。
ダブルチャンスとして、キャンペン期間中アンケートにお答えいただいた方には抽選で、豪華賞品が当たる抽選会にご参加いただけます。



今日は三交不動産株式会社 四日市展示場の吉山さんにお話を伺いました。有り難うございました。


稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆中日新聞 四日市ハウジングセンター
◇三重県四日市市日永東3丁目10-4