レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

きれい まかせ太君 / 伊勢亀鈴会

三重県鈴鹿市八野町にある障がい者支援施設「福祉思いやり事業部 きれい まかせ太君」におじゃまして、空き家の処分について伺いました。



きれい まかせ太君では、三重県内をエリアに、社会問題となっている空き家対策に積極的に取り組んでいます。
空き家については様々な問題がありますが、放置されて倒壊の恐れのある空き家はもちろん、敷地内の草が伸び放題となっているということも大きな問題です。近年、空き家対策の推進に関する特別措置法が公布され、後見人制度を利用されている利用者さんの弁護士、司法書士の先生からの依頼が多くなっています。
空き家をそのままにしておくと、固定資産税や都市計画税などの課税を受けることになるほか、空き家を解体し売却することで、譲渡所得から三千万円の特別控除を受けることができますが、この期限が令和5年までとなっていることもあり、後見人をされているいる先生方から対策としてご依頼いただくことが増えているんです。

その空き家の解体や、そのままになっている不用品を回収してくれるのが、まかせ太君。気になる費用ですが、不用品の回収は、軽トラック一杯の料金が2万円程度、1tは6万円、2tは9万円で、いずれも、処分費・作業費が含まれています。また、お亡くなりになられた方の遺品整理も同様の単価でお願いすることができ、家屋の解体については一件一件お見積もりを用意してもらえます。

でも、どうしてこんなにお安くできるか?と言うと、まかせ太君は、障がい者の皆さんの就労事業として行われているからなんです。作業が障がい者の皆さんの働く場・就労訓練の場として展開されています。売り上げはすべて障がい者の皆さんの月額給与として支給されています。だから、市価の2割から3割程度の価格が実現できているんです。利用される方にとってはお安くて安心、そして、障がい者の方の就労支援にもつながると言うことなので、ぜひたくさんの方にご依頼いただきたいです。



ご出演いただきました小林さん、ありがとうございました。

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆きれいまかせ太君
◇三重県鈴鹿市八野町22-1
◇TEL 0120-36-8488