レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

日本赤十字社 愛知県支部

名古屋市東区にある日本赤十字社愛知県支部におじゃましました。

日本赤十字社は、災害時には災害直後から災害救護活動を行うほか、平時には病院運営や血液事業、またこれらの活動を継続していくために看護師の養成を行っています。




5月は赤十字運動月間。
赤十字にとっての記念日が2つある5月。
1つは世界赤十字デーの5月8日です。赤十字を提唱したアンリー・デュナンの生まれた日。
もう1つが5月1日、日本赤十字社の前身である博愛社が設立された日です。
このように記念日のある5月の赤十字運動月間として、赤十字の活動を知っていただき、その活動に対しての支援を呼びかけています。




新型コロナウィルスの影響で活動の形も少しずつ変わっています。
名古屋第一赤十字病院・名古屋第二赤十字病院では、新型コロナウィルスに感染された患者さんの受け入れを行っています。また、献血が少なくなっている中、献血への呼びかけを行ったり、災害時の備蓄品について、これまでの物に加えてパーテーションや手指消毒液を加えるなど、感染症対策を強化。
さらに、これまで対面で行っていた、AEDや事故防止についての講習会を、オンラインに切り替えて行っています。それもただ映像を見てもらうだけではなくリアルタイムで赤十字と皆さんのいる現場をつないで、「そのやり方違いますよ」などと言うふうに指導やアドバイスができるようになっているんです。スタジオを見せてもらいましたが、大きなモニターや照明があって見事な設備が整っています。





こうした様々な活動のためには、人材はもちろん、資金が必要です。赤十字の活動は全て皆さんからの寄付によって行われています。

町内会を中心にチラシが配られるのでそちらをご覧いただいたり、窓口でのご寄付、また、インターネットからの口座振り込みもあります。ぜひ赤十字の事をよりよく知っていただき、支援をお願いします!!!!!



ご出演いただきました佐藤さん、ありがとうございました。

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆日本赤十字社 愛知県支部
◇名古屋市東区白壁1-50