レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

愛知県陶磁美術館

愛知県瀬戸市にある愛知県陶磁美術館におじゃまして、
現在開催中の特別展「花✳︎華-四季の花と中国陶磁史」についてお届けしました。



愛知県陶磁美術館は、国内屈指の焼き物専門のミュージアム。約8000点以上のコレクションがあり、
日本やアジアを始めとする世界各地の様々な焼き物の魅力を紹介しています。




今回の特別展「花✳︎華-四季の花と中国陶磁史」では、中国の陶磁器が見られます。
悠久の歴史を有する中国の陶磁器には、花の美しさを多彩に表現した作品がありますが、
今回の展覧会では、「牡丹」「蓮」「菊」「梅」といった四季を彩る「花」に焦点を当て、
中国の陶磁器に施された様々な花文様について紹介されています。  
 
5世紀頃の南北朝時代から19世紀の清の時代のものまで、多彩な色彩と技法で彩られた陶磁器が展示されていて、
貴重な重要文化財や重要美術品もあります。  





序章から1章、2章、終章まで、4つの章に分かれて展示されていて、  
1章は青や緑、白といった色別に展示されているので、その美しさや技法の違いを楽しんでください。  
 
2章は学芸員の田畑さん渾身の展示!中国の古典や漢詩、花の鑑賞史、文学史など  
様々な角度から花文様の美しさを読み解いています。品種の説明や陶磁器にぴったりの漢詩などが書かれたパネルが  
添えられていて、陶磁器との組み合わせで、さらに深みのある楽しみ方ができるので、  
本当に時間を忘れて見てしまいました!焼き物ファンのみならず中国文学がお好きな方にも満足いただける展示です。  
 
さらに、学芸員さんによる「四季の花」をテーマとした連続講座やギャラリートークも開催!  
是非、展示と合わせてお楽しみください!



ご出演いただきました田畑さん、ありがとうございました。

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆愛知県陶磁美術館
◇愛知県瀬戸市南山口町234番地
◇TEL 0561-84-7474


JAあいち経済連

今日は中区にあるJAあいち経済連にお邪魔しました。



今、愛知県では8月中旬〜10月にかけて収穫を迎えたあいちの新米、
「コシヒカリ」「愛ひとつぶ」「ミネアサヒ」「あいちのかおり」などを続々と出荷しています。

ブランド米である「愛ひとつぶ」は出荷に厳しい基準を設けていますが、
昨年よりも合格率が向上していて味もとっても美味しいです!
現在県内のAコープをはじめ、量販店・生協等で新米のあいち米が販売されています。




最近お米売り場で、金色の「あいち米」とかかれたマークがついているお米を見かけませんか?  
美味しくて安全・安心のお米にこの「金のあいち米マーク」がついています。
5つの基準をクリアしたお米に信頼の証としてついているマークです!  
お米を選ぶときは「金のあいち米マーク」がついたお米を選べば間違いありません!  


そして現在金のあいち米マークのついた新米を買うとお得なキャンペーンに応募できます。  
「金のあいち米 新米キャンペーン2021」です。  
キャンペーンシールの貼られた新米あいち米「愛ひとつぶ」「ミネアサヒ」「あいちのかおり」などを  
お買い求めの方に抽選で「パナソニック 最上位モデルの炊飯器」を10名様に、「あいち米2年分」を30名様に、  
その他「JAが選んだあいち産食材」や「商品券」などが当たります!  
12月末までまだまだチャンスがありますのでぜひご応募ください!  
 
さらにどなたでも参加可能なキャンペーンもあります。  
参加方法は「金のあいち米」のWebサイトにあるクイズに答えるだけ。  
抽選で「愛ひとつぶ」や「ミネアサヒ」が当たります。  
合計1340名様に素敵なプレゼントが当たる「金のあいち米 新米キャンペーン2021」ぜひチェックしてみてください。



お話いただいた石田竜一さん今日はありがとうございました。

薬真寺伽帆




※放送後1週間お聴きいただけます。



◇JAあいち経済連
◆名古屋市中区錦3-3-8
◆052-951-3628