レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

岐阜県社会保険労務士

今日は岐阜県社会保険労務士会事務局にお邪魔しました。



社会保険労務士は「人材(ヒト)」に関する専門家です。採用から退職までの人事労務のご相談、労働保険や社会保険の手続きなどを行なっています。例えば仕事中の怪我は労災保険の手続き、また出産や育児休業は給付金の申請などがあります。他にも年金相談や各種助成金の申請など業務は広範囲にわたります。そして労使間でのトラブルを未然に防ぐため、法律的な観点から事業主にアドバイスを行ったりもされています。そのようにして職場や企業の悩みに応え、人を大切にする企業づくりの支援をされています。

社会保険労務士会のホームページでは地域別に開業社会保険労務士をご覧いただける「会員紹介」のコーナーもあり、お近くの社会保険を探すことができますよ。

また労働問題には「総合労働相談所」を開設。専門の相談員の方が働く皆さんや、経営者の皆さんの相談にあたっておられます。
受付は平日の月曜、水曜、金曜の午後1時から午後5時までです。




そして、来週12月5日(日)には岐阜市正木のマーサ21ショッピングセンター、1階さくらパークにて無料の相談会を開催されます。
開催時間は午前10時から午後4時まで。
職場の労働問題やわかりにくい年金の相談にのっていただけます!予約は不要です。

さらに、来年1月21日(金)には大垣市で経営者の方向けに「労働トラブル防止セミナー」を企画されています。

イベントや相談の詳細は岐阜県社会保険労務士会ホームページ、または明日の中日新聞の朝刊をご覧ください。



お話いただいた田口さん、ありがとうございました!

薬真寺伽帆




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆岐阜県社会保険労務士
◇岐阜県岐阜市薮田東2丁目11-11
◇058-272-2470


朝日屋

三重県津市にある名産松阪肉「朝日屋」におじゃまして、年末年始にお楽しみいただきたいおいしいお肉についてお届けしました!



おととい24日に、三重県大紀町で松阪牛の品評会「第16回大紀町七保肉牛共進会」が行われました。
大紀町七保地区で育った松阪牛は、地元では「七保牛」と呼ばれています。

松阪牛のナンバー1が決まる「松阪肉牛共進会」が今年も中止となることを受け、そこに出品予定だった牛が大紀町七保肉牛共進会に多数エントリー。どの牛も農家のみなさんが丹精込めて飼育されていて、肉量、肉質ともによく、全体的にバランスが取れた素晴らしい牛に仕上がっていたそうです。




松阪牛の中でも血統や飼育期間がより厳格な"特産"と呼ばれるのは、年間に出回る松阪牛の約4%しか出荷されない希少価値の高い牛なんですが、今年の七保肉牛共進会にも、特産松阪牛が多数出品されました。その中でチャンピオンになった牛を含む53頭すべてを購入されたのが朝日屋です。  

大紀町七保地区は、近年、肥育技術が飛躍的に向上していて、松阪肉牛共進会では、直近の3年連続で大紀町からチャンピオン牛が決まっています。そんな中「大紀町七保肉牛共進会は、農家さん同士が切磋琢磨し、それを継続することでさらなる技術や品質の向上のための場になっている」と、香田社長はおっしゃっていました。

そんなおいしいお肉が来月、朝日屋の店頭に並びます。12月16日から「感謝祭」を開催!チャンピオンも含めた松阪牛が通常価格で販売されます。希少価値の高い特産松阪牛を是非ご家族やお友達と味わってください!



ご出演いただきました香田社長、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆朝日屋
◇三重県津市北丸の内20