レポーター 一覧に戻る

レポーター

飛びこみマイク
レポーターブログ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

日本の伝統文化をつなぐ実行委員会事務局 飛びこみマイク

今日は名古屋市中区の中部邦楽教室内にある日本の伝統文化をつなぐ実行委員会事務局にお邪魔しました。



日本の伝統文化をつなぐ実行委員会とは、地元愛知の文化遺産の活用、伝統文化・芸能を伝承するため、公演の開催やメディアでの発信など様々な事業を行っています。

また、中部邦楽教室内には、お稽古用の舞台もあり、日本舞踊、能楽の太鼓、長唄の三味線等のお稽古が行われているそうです。



本日、「御園座で出開張」と言う催し物が開催予定でしたが、残念ながら中止となってしまいました。
出開張とは、寺院の本尊や秘仏などを他の土地で公開することをいいます。江戸時代に流行したそうです。
今回は創立125年の御園座をお寺に見立て出開張が開催される予定でした。
円空上人をインスパイアさせた開創1300年高田寺の秘仏をはじめ、愛知の文化遺産を映像インスタレーションでご紹介。天台声明や雅楽、狂言にむすめ歌舞伎、祭囃子や芝居を交えた出開張エンターテインメントをお楽しみいただく予定でした。

出演者を始め、お楽しみにされていた方々には残念だと思います。ただ、催し物は中止となってしまいましたが、3月30日(月)午後9時から東海ラジオで、30分間の特別番組「御園座で出開張〜文化遺産をたどる〜」が放送されます。

皆さんご存知の天野鎮雄さんとお送りします。
開創1300年の高田寺、ご本尊薬師如来のお話から江戸時代の出開張や城下街の賑わいを描いた尾張藩の武士のお話、文化遺産を代々継承している亀崎潮干祭や東照宮舞楽のお話、文化遺産の見方などについて放送予定です。
また、上演予定だった新作「道風」の朗読をラジオ特別バージョンでお届けします。

地元愛知の文化遺産を知るため、また再発見するためにぜひお聞きください。



今日は日本の伝統文化をつなぐ実行委員会事務局スタッフの柴川菜月さんにお話を伺いました。
ありがとうございました。  

稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。