レポーター 一覧に戻る

レポーター

飛びこみマイク
レポーターブログ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

愛知県薬剤師会 飛びこみマイク

名古屋市中区にある愛知県薬剤師会館におじゃましました。

みなさんは「おくすり手帳」をご存知でしょうか?病院に行く時や調剤薬局に行く時に持っていくと言う方は多いと思いますが、それだけではもったいないんです!ぜひ毎日持ち歩いていただきたいのが、おくすり手帳です。

おくすり手帳は、みなさんが、いつどんなお薬を服用したかという事のほかに、アレルギーや、過去に副作用を起こした薬の情報など、薬を安全に使うために必要な情報がたくさん詰まっています。例えば、出先で急に体調を崩して病院にかかる時や、事故などにあって意識がなく、自分のことを伝えられない時にとても役に立ちます。

手帳をお医者さんや薬剤師さんが見ることで、どんなお薬を飲んでいるかが正確にわかり、複数の医療機関を受診した時などにお薬が重複したり、相性の悪いお薬を飲んでしまうことを避けることができます。また、手帳には皆さん自身で色々と情報を書き込んでいただくことも可能なんです!私も初めて知ったんですが、薬を飲んで体にどんな変化があったか、血圧などを測ってている方はその数値を書いたりしても良いそうです。また、次の診察の時にお医者さんや薬剤師さんに聞きたいことをメモしておくのも良いそうですよ。

その他、災害の時にも活躍します。震災や台風などで、薬をなくしてしまった場合でも、どんなお薬を、いつから・どれだけ飲んでいるのかが正確に分かることで、救護所でも今までと同じように治療を継続することができるんです。同じようなケースで、先日のクルーズ船などの時にも役立ったそうなんです。

いつ、何があるか分からないから、いつも持ち歩いていたほうがいいと言うことなんですね!病気などの時に、お医者さんや薬剤師さんに全てをお任せするのではなくて、自分の体の事ですから、自分がどんなお薬を飲んでいて、それによってどんな変化があったのか、しっかり把握するために、きちんと記録をして活用しなくてはいけませんね!恥ずかしながら、私は全然活用できていなかったので、今日帰ったら、しっかり見直してみます。



また、愛知県薬剤師会は、おくすり手帳を持ち歩いていただくことの大切さをPRするために、ラグビーワールドカップでも活躍された、トヨタ自動車ヴェルブリッツの姫野和樹選手にご協力いただき、「この1冊があなたを守る」と言うキャッチフレーズのかっこいいポスターを作られました。愛知県内の薬局や公共の施設等にも掲示される予定です。見かけたら、ぜひおくすり手帳を持ち歩く事の大切さを思い出していただき、皆さんの健康維持に役立ててくださいね!



ご出演いただきました奥村さん、ありがとうございました。

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。