レポーター 一覧に戻る

レポーター

飛びこみマイク
レポーターブログ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

古代エジプト展 飛びこみマイク

今日は、愛知県美術館で開催中の、ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展に行ってきました!





オランダのライデン国立古代博物館から、ミイラや棺、彫刻、ミイラを作るための道具など、約250点が来日しています。
本展では、現地での調査の様子や、発見された遺物から明らかになった当時の生活や社会、死生観など古代エジプト文明の様々な側転を紹介しています。

見どころは、12点のミイラの棺!立てた状態で展示されており、その姿は圧巻です!「こんなにも綺麗に残るの?」と驚くほど色鮮やかで立体的です。ひとつひとつ大きさや描かれた顔立ちも違うので、間近で見た後に、少し離れた場所から全体を眺めるのもオススメですよ。

ミイラのCTスキャンの研究成果が世界初公開されています。CTスキャン技術で、モニターの中でミイラの包帯を1枚ずつはがしていき、お腹の中身まで確認することができるんです!人だけじゃなく、コブラのミイラのCTスキャン映像も見られました。本当に貴重な資料です。他にも、古代エジプト人が実際に使っていた日用品も展示されていて、古代エジプトを身近に感じることができました。

大人気の古代エジプト展。密を避けるために、愛知県美術館では様々な対策を行っています。展示方法も工夫されており、ゆったりと観覧できるようになっています。おすすめの時間帯は、平日の夕方だそうです。金曜日は、午後7時半まで入館可能ですので、お仕事の後にいかがでしょうか?(^^)

古代エジプト展は、愛知県美術館で12月6日まで開催中です。ぜひお出かけください(o^^o)



今日は、愛知県美術館の副館長 拝戸さんにお話を伺いました。
ありがとうございました。


伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆古代エジプト展
◇愛知県美術館
 名古屋市東区東桜1-13-2