レポーター 一覧に戻る

レポーター

飛びこみマイク
レポーターブログ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

知多市勤労文化会館 / 矢場とん 飛びこみマイク

愛知県知多市にある知多市勤労文化会館におじゃまして、現在、展示されているジャイアントパンダの剥製についてお伝えしました。




名古屋市の方からお声掛けいただき展示することになったジャイアントパンダの剥製。コロナ禍で、知多市などが開催している市民講座などが、春から始まる予定だった前期の講座が休講となってしまったりオンラインになったりするなど学習状況も変わる中で、「実物を見て感じる学習にもぜひ取り組んでもらいたい」と、勤労文化会館のエントランスホールに展示されることになりました。

ジャイアントパンダの剥製はとても珍しいもので、確認できるものでは愛知県に1体しかないそうです。



笹を抱えたポーズをしているジャイアントパンダの剥製。体調は95センチで2歳位の子供のものではないかと言われているそうです。間近で見ると毛の感じまでよくわかり、とてもかわいいです。そして、剥製のほかに、パネルや動画を使って、ジャイアントパンダについて学ぶことができるコーナーになっています。

動画の中で豆知識が紹介されているんですが、野生のパンダは1日の半分ぐらいの時間を食べることに、残りの半分を寝ることに当てているそうです!最高の生活!だと思ったんですが、これはパンダの主食である笹の栄養価がとても低いため、たくさんの量を食べないといけないこと。加えて、消化があまり良くないのでゆっくり時間をかけて食べないといけないという事なんだそうです。また、消化をするために半分ぐらいを寝る時間にして、ゆっくり動くのもあまりエネルギーを使わないようにと言う事だそうです。そういうことを知ると、パンダがより愛おしく思えてきます。



また、パンダは熊の仲間ですが、熊はものを持つことができないけど、パンダは笹を握ることができます。その秘密は、パンダには7本の指があると言うことなんです。これは放送ではお伝えしなかったのですが、大前さんはご存知だったと言うことでびっくりしました!パンダ大好き芸人さんですね。

お子様はもちろん、大人の方でもとっても勉強になりますので、ぜひ皆さんご覧ください。観覧は無料です。知多市勤労文化会館の入り口を入ってすぐ、左手側に展示してあります。展示は、来年10月5日までです。



ご出演いただきました黒川さん、真田さん、ありがとうございました。

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆知多市勤労文化会館
◇知多市緑町5-1
 TEL 0562-33-3600