レポーター 一覧に戻る

レポーター

飛びこみマイク
レポーターブログ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

わくわくジャム/伊勢亀鈴会 飛びこみマイク

三重県多気町におじゃまして、6月1日に発売になるわくわくジャムの新商品「ほうじ茶ジャム」についてお届けしました。

わくわくジャムは、三重県産の旬の果物などの果肉と、てんさい糖を使った無添加の低糖質ジャム。
伊勢亀鈴会の第2南勢就労支援センターで作られていて、季節ごとの商品もありとっても人気なんです。




そのわくわくジャムに新商品が仲間入り!ほうじ茶の香りにこだわって作られた「ほうじ茶ジャム」。
瓶の蓋を開けた瞬間にほうじ茶の香りが広がります。餡のようなジャムは、舌の上に乗せると優しい舌触りで、
喉を通ると同時にほうじ茶の香りが鮮やかに香って穏やかな気持ちにさせてくれますよ!  

今回そのほうじ茶の資材を提供されたのが川原製茶。
川原製茶は明治16年創業の老舗で、タカシマヤなどの百貨店や販売店の他、
インターネットでも全国の皆さんにお買い求めいただけるおいしいお茶を作られています。  

川原製茶の代表取締役会長でいらっしゃる川原平生さんにもお話を伺いましたが、ほうじ茶ジャムは大満足の出来!
川原製茶のほうじ茶の香りが存分に味わえると笑顔でお話しいただきました!  

私も試食させてもらいましたが、柔らかいの餡のような舌触りで、ほのかな甘み。
口に入れた瞬間ほうじ茶の香りが広がりますが、その少し後にさらに芳醇な香りがに包まれます。  

パンにのせてもいいし、バニラアイスに乗せるのもオススメ!また生クリームとの相性もバッチリです。  

ビタミンCが取れて美容にも良いと言われているほうじ茶。
お茶を飲んだときのほっとする感じも味わっていただけるほうじ茶ジャムは、6月1日発売!
賞味期限は3ヶ月、140グラムで1000円です。  

ほうじ茶ジャムをはじめとするわくわくジャムは、三重県多気郡の明和イオンの南側にある「わくわくジャム」の
販売所や、インターネットでも購入可能です。ホームページは「わくわくジャム」で検索してください。  




また川原製茶のお茶や今、若い方を中心に人気の抹茶ラテ・ほうじ茶ラテもオススメ。
粉末になっているのでそこにお湯や牛乳を注ぐことで簡単にラテを楽しむことができます。
川原製茶のお茶やその他の商品については、川原製茶のホームページをご覧ください。



ご出演いただきました伊勢亀鈴会の本山さん、川原製茶の川原さん、ありがとうございました。

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆わくわくジャム「ほうじ茶ジャム」6月1日発売開始
◇伊勢亀鈴会 第2南勢就労センター
◇三重県多気郡明和町志貴1134-3
◇TEL 0596-55-6711