レポーター 一覧に戻る

レポーター

飛びこみマイク
レポーターブログ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

サンエイ糖化 飛びこみマイク

愛知県知多市にあるサンエイ糖化株式会社におじゃましました。




サンエイ糖化は、点滴などに使われる医薬用ぶどう糖の国内シェア80%以上を維持している「なくてはならない会社」。
医薬用のぶどう糖は、腎臓病の方には欠かせない治療の透析等で使う透析液の原料となりますが、
1960年代まではすべて輸入に頼っていました。しかし、その後、国産化を図ろうという動きがある中で、
最初に製造技術を確立し、国産化に成功したのがサンエイ糖化!さらに、食品用としては、食料やパン、お菓子、
たれやつゆなどの調味料に使われるぶどう糖も作っていて、結晶ぶどう糖では食品用と医薬用を合わせて
推定で6割位の国内シェアを持っているんだそうです。また、少子高齢化と健康志向拡大を受け、
2011年より乳酸菌培養事業への取り組みを本格化。2016年に製造設備は増強し、
現在は国内有数の受託培養規模を誇っています。

さらに、新商品の開発にも取り組んでいて、3年ほど前からは、オリゴ糖酸という製品の販売に注力されています。
オリゴ糖酸は正式名称では「マルトビオン酸」と言って、簡単に言えば糖質なのに酸味がある、
これまでの常識を覆す製品。オリゴ糖酸はカルシウムの吸収を助ける働きがあり、
カルシウムなどミネラル分が体から流出するのを防止する効果が認められています。
骨密度維持、増強への効果が期待でき、骨粗しょう症対策に役立てられる製品です。

また、サンエイ糖化は「コロナに負けるな!!!東海ラジオGO TO ラジオCMキャンペーン」に参加しています。
サンエイ糖化の経営ビジョンは「働きたい会社日本一を目指す」。
一方で「予防、治療、療養の医療全局面で社会に貢献する」と言うビジョンも同時に掲げています。

コロナ禍を乗り越える対策として、社員の安全確保のためには生産を止めて工場を休業してしまえば良いのですが、
医薬原料を製造していることから製造の手を緩める事は絶対にできないと言うことで、
社員のみなさん全員がエッセンシャルワーカーとしての誇りを持って働いていらっしゃるそうです。
今後も各種糖化事業、乳酸菌培養事業などを通して、世の中がコロナに打ち勝つようバックアップしていきたいと、
ご出演いただいた太田社長はおっしゃっていました。

サンエイ糖化について詳しくは、ホームページをご覧ください。  



ご出演いただきました太田社長、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆サンエイ糖化株式会社
◇愛知県知多市北浜町24-5
◇TEL 0562-55-5111