レポーター 一覧に戻る

レポーター

飛びこみマイク
レポーターブログ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

木村右兵衛門昌則/うつべ農園 飛びこみマイク

今日は三重県四日市市に今月6日にオープンしたばかりのお茶漬けと和薬膳の専門店
「木村右兵衛門昌則」におじゃましました。





「木村右兵衛門昌則」と言う珍しいお店の名前は、オーナーである上さんのご先祖様のお名前なんだそうです。
いつかお店をやるならこの名前をつけたいと、ずっと考えていらっしゃったそうです。

築80年以上の民家をほぼそのまま使用し、座敷席と椅子とテーブルのお席、合わせて7テーブル、
24席が用意されています。

「薬膳」と言うと、どんなお料理なんだろう、難しそうと思われる方も多いかもしれませんが、
地元でとれた旬のものが一番体にいいと言う考えの下、
日本薬膳学会の理事である高木久代先生が指導とレシピの監修をされたお料理を楽しむことができます。

苦味があったり、味付けが薄いのかな?という私のイメージが覆されました!
見た目も鮮やかで、甘みや酸味など味がしっかりついているお料理が並んでいて、本当においしいものばかりでした。



お膳に12の小さな器が並んで、その上にお料理が載っているので、
たくさんのお料理を少しずつ味わうことができますよ!  

メニューは1種類。毎月、月替わりで提供されていて、11月のテーマは「冬に向けて秋の間に身体を整える」。
「松太郎しいたけの焼き物 かぶせ茶と竈方の塩」から始まり、「伊勢ひじきの7色サラダ自家製糀ドレッシング」や
「カブの出汁煮菊花あんかけ」、「白ネギのシナモン風味」、「豚の炭酸煮黒酢ソース」などなど
12種類のお料理が楽しめます。



お野菜はもちろん、お醤油や酢などの調味料も、四日市や鈴鹿を中心に、  
地元のものがふんだんに使われていて、ごはんは、四日市のうつべ農園のお米を、土鍋で、目の前で炊いてもらえます。  
そのおいしいごはんに「鯛の自家製糀醤油の漬け」を乗せたお茶漬けが絶品!ほうじ茶でいただくお茶漬け、  
ぜひみなさんも楽しんでください。  
 
12月は、春菊や地元の農家さんオススメのお野菜を使ったお料理が楽しめるそうです。どんなものが登場するのか、楽しみですね!  
 
営業は、毎週水・木・金・土の4日間。11時からと13時からの2部制で、予約が必要です。電話でご予約ください。



ご出演いただきました上さん、金谷さん、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆木村右兵衛門昌則
◇三重県四日市市山田町1253
◇TEL 059-340-3970