レポーター 一覧に戻る

レポーター

飛びこみマイク
レポーターブログ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

JA蒲郡市 飛びこみマイク

今日は蒲郡市にあります、JA蒲郡市総合集出荷場にお邪魔して、今が旬の蒲郡温室みかんについてお伝えしました。



蒲郡温室みかんは早生みかんを温室の中で育てたみかんで、品種は宮川早生です。宮川早生を含む温州みかんにはベータクリプトキサンチンが多く含まれているといわれ、生活習慣病のリスクが下がるとも言われているそうです。

また、蒲郡温室みかんは早生みかんより糖度が高いことが特徴です!さらに外の皮と中の皮も薄く、甘みと酸味のバランスが良いみかんです!外観は色が濃くキメが細かい「絹肌みかん」と称されています。



この蒲郡温室みかんを育てるときには温度や水の管理をしっかりすることが大切だそうです。また、暑い時期はハウス内が暑く、収穫がとても大変だそうで、朝や夕方の涼しいときに収穫するなど工夫されているそうです。
それだけ生産者の皆さんの愛が詰まった蒲郡温室みかんをいただきました!
皮が薄くて、みかんを半分に割るようにして剥くこともできます。甘さの中に酸味もあってさっぱりとしているため、何個もリピートしたくなる味です!
これからの時期、冷蔵庫で冷やしてから食べると引き締まった味になりさらに美味しく食べられるそうですよ。



蒲郡温室みかんは9月上旬まで楽しめるということです。温室の中で大切に育てられた期間限定のみかん、ぜひみなさんお楽しみください。  




蒲郡温室みかんはJA蒲郡市のグリーンセンター蒲郡、Aコープかたはらの他、百貨店やお近くのスーパーなどでご購入いただけます。
詳しくはJA蒲郡市のホームページをご覧ください。

お話いただいた柑橘同志会副会長の嶋田さん、ありがとうございました。


薬真寺伽帆



※放送後1週間お聴きいただけます。



◆JA蒲郡市
◇蒲郡市神ノ郷町名取15