2004年3月21日(日)  午前6時50分放送

3月の番組審議会がこのほど開かれ、名古屋の民放ラジオ5社とNHK名古屋放送局が合同で行っている防災キャンペーン「RADIO ON THE GO ~ラジオと一緒に出かけよう~」と「東海ラジオ放送放送基準改正案」について審議しました。出席した番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。麻創けい子、小森裕介、是枝義人、高島良樹、松田好旦、三浦昌夫、山崎隆治以上の皆さん、また、東海ラジオ側からは、志村富士夫・代表取締役社長、杉山達也・常務取締役、林 洋三・取締役業務局長、犬飼俊久・報道制作局長、天野良春・報道制作局次長、佐枝一史・報道部長が出席しました。
「RADIO ON THE GO ~ラジオと一緒に出かけよう~」は、東海ラジオ始め、CBC・FM愛知・ZIPFM・RADIOiとNHK名古屋の6社の合同キャンペーンで、防災面から、いざという時身近にあれば、情報を何時でも何処でも聞くことが出来るラジオの「自在性」を活かし、市民に防災情報を提供していこうという活動です。

これについて審議委員の方からは、
■着眼点としては、非常にいいと思う。キャンペーンとして短くまとまりいい企画なので繰り返し続けてほしい。
■改めて再確認した。災害が起きたらパニックになる。そのために情報は必要だ。
■唯一「東海地震」は予測できる事。その情報がどう変わったのかよくわかった。只、専門的な用語が多かった。もう少しゆっくり噛み砕いて話してほしい。
■災害は忘れた頃にやってくる。備えあれば憂いなし。リスナーも改めて防災の意識を持ったと思う。
■もう少し地域にあわせ具体的な話をしてほしかった。
■全国で初の試み、ワイド番組のパーソナリティが生放送で掛け合いをするのは、中々良かった。
■楽しく防災を訴える事が出来たと思う。どんな方法でもいい、防災の啓蒙を続けてほしい。
などのご意見をいただきました。

一方、東海ラジオ側からは、審議委員からの意見を受けて、「今後もラジオの活性化とともに、防災だけでなく、防犯など市民に役立つ放送を6社共同で続けていく事」を強調しました。

続いて「東海ラジオ放送・放送基準」について審議しました。これは、「日本民間放送連盟の放送基準」が4月1日から改正されることに伴うもので、放送法により、放送基準を改正する際は、番組審議会に諮問、答申を得る事となっています。
今審議会で承認されましたので、「東海ラジオ放送・放送基準」も4月1日改正・施行する事になりました。 また、聴取者の皆さんから、2月は135件の問い合わせが寄せられました。主にドラゴンズオープン戦の中継予定やナイターシーズンに入ってからの番組の移動・終了などの問い合わせなどが多く寄せられました。以上が3月の番組審議会の概要です。


2004年2月22日(日)  午前6時50分放送

2月の番組審議会がこのほど開かれ、月曜日から金曜日の朝6時30分から9時まで放送しています「小島一宏 morningあいland」について審議しました。出席した番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。麻創けい子、小森裕介、是枝義人、高島良樹、松田好旦、三浦昌夫、山崎隆治 以上の皆さん、また、東海ラジオ側からは、志村富士雄・代表取締役社長、杉山達也・常務取締役、林 洋三・取締役業務局長、犬飼俊久・報道制作局長、天野良春・制作部長、山田英之担当ディレクターが出席しました。
「小島一宏 morningあいland」は、「爽快感あふれる東海の朝を演出」・「ニュース、情報を重視」・「政治、経済、社会の諸問題をリスナーと共有」・「アクティブな放送」をコンセプトに、パーソナリティ小島一宏の「今日も元気だ!」という大きな声でスタートする朝のワイド番組です。
「あいランド」の『あい』は、東海地方各地に出かけ取材を行う「ふれあい」の『あい』、小島一宏自らも生まれ育ったこの土地(ランド)を「愛する」気持ちを込めた『あい』など、愛をテーマに番組作りをしています。

これについて、審議委員の方からは、
■「爽快感あふれる」というコンセプト通り、気持ちよく聞けました。これは、出勤途中、渋滞の中のサラリーマンにとってはとてもいい癒しになるでしょう。
■一項目を短めにして、たくさんのニュースを紹介するのは、ビジネスマンにとってとてもいいと思います。また、そこに「パーソナリティ」の短めのコメントが入るのもいいですね。
■地域情報を聞くと、わたしも行きたくなります。ローカルの情報はたくさん聞かせて欲しい。ただ新聞など、他の情報の後追いにならないよう注意してほしい。
■連休の前日などは、行楽情報も聞きたいと思います。
■幼稚園児の声が流れる「キッズボイス」は、ほっとさせてくれます。もう少し長く聞きたいと思いました。
などのご意見をいただきました。

一方、東海ラジオ側からは、「審議委員からの意見を受けて、「キッズボイス」などこの時間に子供たちの声を聞くことにより、「ほっと」するのと同時に、「安全運転」に心がけなければ…という啓蒙にもなっていると思います。また、ニュースに対するパーソナリティのコメントについても、もっと重みのある内容になるよう勉強し、今後の番組制作に反映できるよう、検討と研究を重ねます」と答えました。また、聴取者の皆さんから寄せられたお問い合わせや苦情などは、12月は361件、1月は、109件の問い合わせが寄せられました。特に、新スタジオ見学についての問い合わせが多かったことを報告しました。以上が2月の番組審議会の概要です。


2003年12月22日(日)  午前6時50分放送

12月の番組審議会がこのほど開かれ、月曜日から金曜日の夕方5時40分から7時まで放送しています「ドラゴンズガッツナイト」について審議しました。出席した番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。麻創けい子、小森裕介、是枝義人、高島良樹、松田好旦、三浦昌夫、山崎隆治 以上の皆さん、また、東海ラジオ側からは、志村富士夫・代表取締役社長、杉山達也・常務取締役、林 洋三・取締役業務局長、犬飼俊久・報道制作局長、佐枝一史・報道部長 吉村俊宏・番組ディレクターが出席しました。
「ドラゴンズガッツナイト」は、ドラゴンズ中心のスポーツ番組ですが、スポーツ特有の男性中心の硬さがなくなるよう、パーソナリティに女性アナウンサーを起用し、ゲストコメンテーター、ドラゴンズ選手、スポーツアナウンサーのレポートを交え、和やかに楽しいスポーツ番組をお送りしています。審議された番組は、10月29日(水)、コメンテーター鈴木孝政氏がドラゴンズヘッドコーチ就任のため、最後の放送になりました。

これについて、委員の方からは、
■シーズンオフ、ファンが聞きたいのは「普段聞けない裏話」、そして「他球団の情報」などです。そういう意味では、「鈴木孝政氏」の語り口、話の内容は野球の話に終始せず、野球ファンならずとも「聞ける」内容でした。
■「鈴木孝政氏」最後の放送ということで、女性アナウンサーに、「りきみ」や普通以上に「はしゃいでいる」感じがあり、リスナーがついていけないような気がした。ただ、女性だから許される部分があるし、スポーツ番組なのに、女性がメインということで、柔らかさがあっていいですね。
■コメンテーターがゆっくり話す時間があり、鈴木孝政氏の人間性がよく分かった。
■コーチになるということで、サラリーマンである自分と照らし合わせて話を聞いた。
■監督と選手に挟まれた中間管理職の辛さがよく伝わってきた。しかし、鈴木氏の人生観というか、プラス思考の考え方に元気がもらえた。
などの意見をいただきました。

一方、東海ラジオ側からは、「審議委員からの意見を受けて 今後の番組制作に反映させるよう、検討と研究を重ねます」と答えました。 また、聴取者の皆さんから寄せられたお問い合わせや苦情などは、番組改編から2ヶ月たち、例年11月は問い合わせが少なくなりますが、11月1ヶ月間に120件あり、特に、「新スタジオオープン記念キャンペーン」などについてのお問い合わせが多かったことを報告しました。以上が12月の番組審議会の概要です。


2003年11月23日(日)  午前6時50分放送

11月の番組審議会がこのほど開かれ、月曜日から金曜日の夜7時から8時半まで放送しています「夜はこれから」について審議しました。出席した番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。麻創けい子、小森裕介、是枝義人、高島良樹、松田好旦、三浦昌夫、山崎隆治 以上の皆さん、また東海ラジオ側からは、志村富士夫・代表取締役社長、杉山達也・常務取締役、林 洋三・取締役業務局長、犬飼俊久・報道制作局長、佐枝一史・報道部長 あんびるとよぞうアナウンサーが出席しました。
「夜はこれから」は、東海ラジオの女性アナウンサーがパーソナリティを務める、月曜から金曜までの毎日、夜7時から8時半までの生放送です。「耳で聞く夕刊紙」 をコンセプトに、一時間半ソフトにお楽しみいただく音楽番組です。特に団塊の世代の皆さん、そして帰宅途中のサラリーマンやタクシーなどドライバーの皆さんに、「青春時代を思い出していただけるような曲を中心にお送りしています。その中には、一日の出来事や情報を織り交ぜ、懐かしい曲に浸りながらも一日のニュースが分かる」という番組構成です。

これについて委員の方からは、
■女性アナウンサーが優しく語りかけ、懐かしい歌が流れてくるのは、仕事帰りのサラリーマンにとってはとてもいい「癒し」になり、コンセプト通りの番組作りができていると思う。
■番組のスタートでアナウンサーが少し話すだけですぐ曲に入っていく。これは新しい手法でとてもいいこと。
■ニュースの時間は短いのに、項目が多いのはいい。
■一日の出来事がよくわかって一日働いていたものにとっては助かる。
■番組の途中から聴いても何の違和感も無く、音楽・ニュース・情報がちゃんと聞けるのがいい。
等のご意見をいただきました。

一方、東海ラジオ側からは、「審議委員からの意見を受けて今後の番組制作に反映させるよう、検討と研究を重ねます」と答えました。また、聴取者の皆さんから寄せられたお問い合わせや苦情などは、10月1ヶ月間に130件あり、特に、「ドラゴンズの新コーチとなるガッツナイター解説者、鈴木孝政・宇野勝両氏がいつまで放送に出演していられるのか」などについてのお問い合わせが多かったことを報告しました。
以上が11月の番組審議会の概要です。


2003年10月20日(日)  午前6時50分放送

10月の番組審議会がこのほど開かれ「平成14年度ナイターオフ編成と新番組」について審議しました。出席した番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。相羽泰彦、麻創けい子、麻生 忠、笠原 烈、土屋 嶢、松田好旦、三浦昌夫 以上の皆さん。また、東海ラジオ側からは、加藤 武・常務取締役、梅田眞司・取締役報道制作局長、池田譲治・取締役業務局長、犬飼俊久・報道制作局次長兼制作部長、天野良春・報道部長、島方俊昭・編成部長が出席しました。
先ず、編成部長から主な新番組について説明しました。今回の改編はナイターゾーンが中心で、改編率は33.2%となっています、月曜から日曜の17時40分からは「ガッツナイト」をお送りします。今年は放送枠を土・日にも拡げ、まるごとドラゴンズの1時間20分。やはり名古屋のラジオ局は"ドラゴンズ"だろうと言うことで、今年は「ドラゴンズ」漬けで番組を進めてまいります。 選手・コーチ・裏方さんがスタジオに次々に現れ、思わず「ホンネ」をポロリという場面を期待しています。土曜は違った切り口からドラゴンズの魅力・戦力の分析や来シーズンの期待を込めて多いに語ります。日曜にはサッカー情報も取り入れ、名古屋グランパスの選手も登場します。
「ガッツナイト」に続くのは「夜はこれから」、昨年の1時間枠をさらに25分拡大し、男女のダブルパーソナリティーで取り組む音楽番組に パワーアップ。それぞれが持ち前のセンスをさらに磨き上げ、選曲も70年代・80年代の邦楽を中心に、じっくり・しっとり聞かせる番組です。さらに20時25分からは「宮本武蔵」が始まります。今は亡き語りの調理人、徳川夢声の名調子で、サラリーマンの生き方バイブル・吉川英治の名作 「宮本武蔵」が生き生きと蘇えります。60歳以上の方にはとても懐かしい語り口調が、平成の現在にタイムスリップします。土曜の20時00には「さだまさしのセイ!ヤング21」が再び登場。今年はデビュー30周年を迎え、精力的に全国を廻っているさださんですが、持ち前の話術にさらに磨きをかけた「さだトーク」がファンならずとも楽しみです。 日曜の21時00には「エアモニ」が新登場します。超人気・モーニング娘。の安倍なつみさんの元気なトークで、疲れた心も癒されることでしょう。もちろん、モーニング娘。の最新情報や最新曲もいち早くオンエアされます。日曜の夜はこの他、「マルチメディアステーション」、「ラジオ・GO!GO!タマサブロー」など、アニメもの・アイドルものなどヤング路線を取り揃えました。

これについて、委員の方からは、
■「宮本武蔵」については、最近出版でも復刻ものが多く見られるが、一度聴くと次の日も聴きたくなる。
■「ガッツナイト」の時間帯は通勤時間帯なので、ニュースや交通情報がはいるのはよいことだ。
等のご意見をいただきました。
以上が10月の番組審議会の概要です。