今夜は、1月18日にミニアルバム「SOMEBODY ELSE」をリリースされる
SE7ENさんをゲストにお迎えしました~♡

SE7ENさんは05’にシングル「光」で日本デビューしてから
常に日本のトップチャートに君臨し続け、
07’アメリカ進出を発表。
日本での活動を休止してから4年・・・
今回、満を持して日本へカムバックしてくれました~!!

久しぶりの日本で、日本語をだいぶ忘れたと言ってらっしゃいましたが、
全然そんなことない><
日本語ペラペラです!SE7ENさん!

そんなSE7EN先生が教えてくれた韓国語は、
************

チョンサ
(天使)
そして
イエヘ
(わかりました)

************

簡単な単語だからということで2つも教えてくれました~!
「ANGEL」「UNDERSTAND~今さら」
という曲名を韓国語にすると・・・?ということで教えてくれました。

最後は、名古屋弁の「わや」を連呼して(笑)
帰られたSE7EN王子♪

名古屋が発祥のSE7ENさんお気に入りのあのカレー店へと向かわれたのかな!?
また遊びに来てくださいね~☆

SE7ENさんはじめ、BIGBANG、2NE1など
YG ENTERTAINMENT所属アーティストが大集合する夢の祭典
“YG Family Concert in Japan”が開催されます!

1月21日(土)、1月22日(日)、
場所はさいたまスーパーアリーナで!!
SE7ENさん曰はく、YGならではのコラボレーションが見られるとか!?

私も行きた~~い!!


・「今夜もやっぱりファンキーパジャマ」 1995年10月〜1996年4月
  初のワイドは台本のない電リク 金曜担当
・「みのひだどらまん街道」  1997年4月〜1999年4月
  岐阜県が舞台 時代ドラマのナレーション
・「流石の源石」(第1部〜第13部)  1997年10月〜2010年4月
  最終回が13回 不死鳥バトル番組 現在休止中
・「ラジオクルージング」 1999年4月〜2000年3月
  平日夕方のワイド番組 木曜担当
・「DON・TSUKI」「DON・TSUKI GOLD」 1999年4月〜2001年9月
  投稿と特集の深夜ワイド 金→日曜担当
・「タイムズスクエア」 2000年10月〜2002年3月
  取材音源で1週間を振り返るニュース番組
・「ハイ!ナゴヤマガジン編集局です」 2001年1月〜2002年9月
  街ネタ取材の女性レポーター16人にタジタジ
・「ガッツナイト」 2001年10月〜2002年3月
  ナイターオフのスポーツ&バラエティ 月・火曜担当
・「サウンドブールバード」 2002年4月〜2003年3月
  土曜午後 異色の洋楽プログラム
・「ワハハだ!/ガハハだ!さか松ゲン」 2003年4月〜2004年3月
  土日午後の実験的ワイド 自転車チャパタくんと駆け抜けました
・「2COOL!」 2004年10月〜2005年3月
  オフの定番第1シーズン 金曜担当
「源石和輝美味時間」 2004年3月〜2010年4月
  昼ワイドを6年間 足で稼ぎ五感で発信
・「源石和輝美味時間 万博三昧」 2005年3月〜2005年9月
  愛・地球博会場から毎週金曜生中継
「高校ラジオクラブ」 2004年10月〜2010年3月 2017年4月~
  高校生が作るラジオ番組 14年1月「II」として復活 17年制作復帰
・「源石和輝の土曜スタイル!」 2006年4月〜2010年4月
  ニュースで激論 22歳上内藤洋子さんとの絶妙コンビ
・「半七捕物帳」 2009年10月〜2010年3月
  朗読ラジオドラマ 半七役を熱演
・「源石和輝モルゲン!!」 2010年4月〜2014年9月
  朝を刺激的に 情報をリズミカルに 朝ラジオ習慣
・「キカナイデ!」 2015年9月〜2016年3月
  5年半ぶり深夜 業界の裏側を聞く
・「源石和輝音楽博覧会」 2014年10月〜2017年10月
  時代を映すニュースと音楽 時間旅行の案内人

※2019年4月5日改訂


52打数8安打、打率.154、0本、4打点

プロ野球選手だったら大幅減俸、あるいは戦力外か、

といった寂しい成績。

名城早朝軟式野球リーグ戦での

2011年度の大澤広樹選手の成績です。

2012年は巻き返す


22日が「初打ち」。

バッティングセンターで今季初の打ち込みを行いました。

毎日、ストレッチを行うようになり、

硬い体も少しずつ柔らかさが出てきているような気がします。

わたしの開幕まで2ヵ月を切りました。

井端弘和、平井正史、高橋尚成、上原浩治、高橋由伸、

小野晋吾、鈴木郁洋、川上憲伸、倉義和、金子誠、清水直行、

松井稼頭央、福浦和也、岡島秀樹。

多くの同い年のプロ野球選手がまだまだ現役を続けています。

生涯現役!


遅れの正月休みでは、番組とは関係ない、自分の好きな本だけを読めました。
図書館で借りた「ウルトラマンと正義の話をしよう」と塩野七生「十字軍物語①②」を読了。
子供たちは学校、妻はパートへ。静かな部屋でコーヒーを飲みながら至福の読書タイム。




前回ご覧いただいた、昨年の大みそかに撮ったルフトハンザのエアバスA340-300のタッチ&ゴ―の前に着陸した2機をご覧いただきます。まずシンガポール航空のA330-300です。朝の陽光を浴びて見事なソフトランディングを決めました。



続いては接地寸前のキャセイパシフィックのボーイング777-300です。レギュラーはA330-300なのですが、シップチェンジされています。大みそかでお客さんが多かったのでしょうね。それよりも、通常はキャセイの532便は前夜セントレアに到着してオーバーナイトステイします。それが、朝着いて、定刻に香港に向けて出発していきました。同様に台北からのチャイナエアラインも、夜の到着便が朝着きました。向こうの天候が悪かったのでしょうか?臨時駐車場北側の公園で、順光でキャセイの着陸はめったに撮れないと思います。



最後は管制塔とチャイナエアラインのエアバスA330-300の絡みです。1月8日、セントレアで行ったミッドナイトフライトの公開録音、ルーク・オザワさんとのトークショーの前に、狙ってみました。空港島からでは管制塔が大きくなり過ぎ、バランスが難しいですね。