アナウンサー 一覧に戻る

ゲンカレチ 専務車掌 源石和輝

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

野球実況もこなすスーパー公務員がラストトーク 心残りは「食レポ」? 定期列車

源石アナ(左)から花束を受け取る水谷さん

三重県四日市市の魅力を毎週多角的に伝える『1.2.3四日市メガリージョン!!2』(日曜19:30-20:00)。 番組に欠かせない存在だった四日市市シティプロモーション部の水谷留尉(るい)さんが昇格人事に伴い、4月14日の放送でマイクを離れることになった。

ゆるキャラ「こにゅうどうくん」プロデューサーも人事異動には勝てず?
2016年の「四日市あすなろう鉄道館」(『源石和輝音楽博覧会』に内包)、17年の「四日市こにゅうどうくん館」(同)、18年の『1.2.3四日市メガリージョン!!』、そして19年4月7日にスタートしたばかりの『1.2.3四日市メガリージョン!!2』と足かけ4年にわたって出演した水谷さん。下の名前から「ルイさん」と親しまれ、市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」の通訳兼プロデューサーで培った軽妙なトークと体当たりの取材力で番組を牽引してきた。4月の人事異動でシティプロモーション部観光交流課から同部付に「昇格」。仕事を広く見渡す必要が生じたことから今回の決断となった。

「公務員の概念を変えるパーソナリティ性」プロが惜しんだその才能
「本音を言うと…もっとやりたいですね」。まだ番組への愛着が残るルイさんに対し、相方を務める源石和輝アナは「公務員の概念を変えるほどのパーソナリティ性と、野球実況もこなせる瞬発力が持ち味でした。あとは食レポ(=グルメレポート)の苦手意識さえ克服してくれれば」と冗談を交えて去るルイさんを惜しみ、番組での再会を誓った。後任は同日のゲストとして出演した観光交流課職員中村匡(まさし)さんが務める。ルイ先輩の手前かガチガチに緊張する中村さんが翌週以降どう「化ける」のか? 今後の番組から耳が離せない。

平成最後の深夜生放送!令和に伝える「くだらないこと」 定期列車

源石アナ(左)と井田アナ

4月7日(日)、東海ラジオ開局60周年深夜生放送『月イチでらブレイク』(月1回日曜26:55-29:00)第1回が行われた。「ラジオの枠を飛び出す」ことができる次代のパーソナリティ発掘を目指すもので、毎月第2日曜(4月のみ第1日曜)の放送休止枠に設定される。記念すべき第1回にして平成最後となる深夜生放送のパーソナリティは平成2年生まれの井田勝也アナウンサーが担当。井田アナに同番組のプロデューサーを託した深夜経験豊富な源石和輝アナウンサーが「サポーター」として出演した。

トークスキルが高すぎる高校生!秘密は「お菓子」にあり 定期列車

「高校ラジオクラブ」制作の源石です。


「ひな壇芸人」のような9人に囲まれる井田アナ(中央)

4月は一宮興道高校編。放送部9人集結のため自己紹介だけでも2週分かかります。今回は後半5人を紹介します。

戸田恵子「サカエチカは出会いの場」俳優への道を開いたサテライトスタジオ 定期列車

左から源石アナ、戸田恵子さん、タクマさん

土曜13時、サカエチカ。この時間この場所に20年ぶりに東海ラジオが帰ってきた。4月6日に行われた名古屋・栄の地下街「サカエチカ」開業50周年と東海ラジオ開局60周年を記念したイベント。1999年まで東海ラジオのサテライトスタジオ「日産ギャラリー」があった場所に、ゆかりのある3人の声が響きわたる。俳優・声優・ナレーターで『三菱電機プレゼンツ 戸田恵子 オトナクオリティ』(日曜11:30-12:00)パーソナリティの戸田恵子さん、タレント・マジシャンで『タクマ・神野のどーゆーふー』(月-金曜9:00-12:00)パーソナリティのタクマさん、そして東海ラジオアナウンサーで『源石和輝 ひるカフェ』(月-金曜12:00-13:00)パーソナリティの源石和輝が第1部のトークショーに臨んだ。

深夜生放送に帰ってくる!尖ったアナの熱すぎる思い 定期列車

「ずっとこれをやりたかった!これをやれなきゃ死ぬに死ねない」


源石(左)と初回放送を担当する井田勝也アナ

東海ラジオがひさびさに手掛ける深夜生放送。7日日曜の初回放送に向けて「仕掛人」源石の鼻息はいつになく荒い。