アナウンサー 一覧に戻る

ゲンカレチ 専務車掌 源石和輝

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

四日市 天までとどけ あすなろう【ご清聴多謝】 定期列車

「四日市 天までとどけ あすなろう」
ご清聴ありがとうございました!


聴き逃してしまったあなた!
radiko.jpならまだまだ聴けます!!
4月2日(日)まで】


のりかえ≫クリックでradiko.jpへ

■四日市 天までとどけ あすなろう
3月26日(日) 17:00-18:00

のりかえ≫radiko.jpで後追い再生【4月2日まで】
のりかえ≫ご感想はこちら 音博メール方面


三重県四日市市の「四日市あすなろう鉄道」
かわいい電車が走る全長7キロのローカル線を舞台に
ラジオドラマあり、旅レポ食レポあり、ドキュメントあり
新感覚“観光エンタテインメント”です!


優秀な車両に贈られる「ローレル賞」に!

廃線を乗り越えて誕生した“新車”新260系「なろうブルー」が主人公
なろうブルーには夢があります。「いつかこの線路から羽ばたきたい!」


この狭さ!この近さ! 左が源石、右がルイ館長ことルイ762世

レール幅762ミリのナローゲージは全国に3ヶ所しかない貴重なもの。
列車に乗って源石と「音楽博覧会」出演中の“ルイ762世”が旅をします。
のりかえ≫日曜12:00 源石和輝音楽博覧会
ルイ762世ってナニモノ?今回の特番で秘密が明かされます!




東海道を歩いたり、工場夜景を見たり、飲んだり食べたりの珍道中。


なろうブルー(左)となろうグリーン


なろうパープルおじいさん


こにゅうどうくん

なろうブルーの弟「なろうグリーン」やおじいさん電車の「なろうパープル」
四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」のほか、
ヤマトタケルノミコト、松尾芭蕉など四日市ゆかりの人物を巻き込んで、
旅は思わぬ方向へ!なろうブルーの“夢”は叶えられるのか?


「HAPPY TIMES!!」で告知する成田アナ(中央) ≫クリックするとradikoで聴けます


「FINE DAYS!」で告知する前野アナ(中央) ≫クリックするとradikoで聴けます


「コレカラ」で告知する堀さん ≫クリックするとradikoで聴けます

なろうブルー役は三重県出身の成田香織アナ
なろうグリーンは母親がこの路線で通学していた前野沙織アナ
こにゅうどうくんには四日市在住の堀真理子さんが扮します。


収録を見つめる鹿目さん(左)


楽曲を作る杉浦さん(右)

脚本は「中学生日記」「グランスピアー」などを手がける鹿目由紀さん
音楽は3月29日発売『JNR to JR』をプロデュースする杉浦哲郎さん
のりかえ≫源石も楽曲参加します
テーマ曲はレギュラー番組同様、さだまさしさんの「天までとどけ」です。
いずれも四日市、三重県、東海地方、東海ラジオにゆかりのある人ばかり!


“末広がりホーム”の分岐点、日永駅

■四日市 天までとどけ あすなろう
3月26日(日) 17:00-18:00

のりかえ≫radiko.jpで後追い再生【4月2日まで】

なろうブルー…成田香織
なろうグリーン…前野沙織
こにゅうどうくん…堀真理子
ルイ館長…水谷留尉
語り/パープルおじいさん/ヤマトタケル/松尾芭蕉…源石和輝

脚本…鹿目由紀(劇団あおきりみかん)
音楽…杉浦哲郎(スギテツ)

テーマ曲…さだまさし「天までとどけ」

制作統括/監督…源石和輝