レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ポップサーカス豊田公演

愛知県豊田市にある豊田スタジアムにおじゃましました!

豊田スタジアムの多目的広場には、今、特設のテントができていて、
来年の2月2日日曜日までポップサーカスが開催されているんです。





豊田では今回はじめての開催となるポップサーカス。
14カ国からパフォーマーが訪れて、18の演目を披露しています。
音楽は、生バンドがオリジナルの曲を演奏!
臨場感たっぷりのパフォーマンスをサポートしています。

中でも注目は、「アフリカン・ハント・ボルテージ」。
8人の男性が体だけを使って、トランポリンや空中ブランコのようなパフォーマンスを繰り広げます。

また、別の演目では小さなシマウマのぬいぐるみが、ぜんまいじかけで動き出します。
生きているのか機械なのか、皆さんの目でお確かめください。

チケットは絶賛発売中!「ポプチケ」で検索してください。




ご出演いただきました元林さん、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆ポップサーカス豊田公演
◇愛知県豊田市千石町7-2
(豊田スタジアム)
◇TEL 0565-41-5505


日本ボッチャ選手権

豊田市のスカイホール豊田にお邪魔しました。



22日までの三日間、日本ボッチャ選手権大会が開催されています。

ボッチャはヨーロッパで生まれたスポーツで、
重度の脳性麻痺などにより手足に障害のある方のために考案されました。
1対1で戦うシングルス戦を始め、ペア戦やチーム戦など試合形式は様々です。

ジャックボールと呼ばれる白いボールが的になります。
この的に赤か青の自分のボールを相手のボールよりもいかに近づけられるかを競います。

カーリングのように相手のボールを弾いて自分が優位に立てるよう位置取りをします。
ただ、ジャックボールも弾いて移動させることができるので、頭を使いながらゲームを進めていきます。



競技用のボールは野球のボールよりも少し大きく、片手で握れるほどの大きさです。
持ってみるとずっしり重みがあり、自分の狙った場所にうまく投げるのは意外と難しいです。  

ボールは上から投げても下から投げてもいいですし、転がしたり蹴っても大丈夫だそうです。
ボールを投げるのが難しい選手は、ランプと呼ばれる滑り台のような器具を使うこともできます。  
障害の程度にかかわらず誰もが楽しめると言う点がボッチャの大きな魅力です。  

ボッチャはパラリンピックの正式種目であり、
この日本選手権は、来年の東京パラリンピックの代表選考につながる大事な大会です。
入場は無料ですので、ぜひ会場に足を運んで、選手たちを応援してください。
ボッチャの体験コーナーもあるので、競技を観戦するだけではなく、
ボッチャの魅力を肌で感じてもらえると思います。  
世代を問わず誰でも簡単に体験ができ、熱中できると思います。
ぜひ一度体験してみてください。  

詳しくは日本ボッチャ協会のホームページをご覧ください。



今日はボッチャ日本代表「火の玉JAPAN」監督の村上光輝さんにお話を伺いました。

稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆日本ボッチャ選手権
◇会場 スカイホール豊田
 豊田市八幡町1-20