レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

スヌーピーミュージアム展

名古屋市博物館で開催中のスヌーピーミュージアム展にお邪魔しました。



9月1日まで開催されています。毎週月曜日と第4火曜日は休館日なのでご了承下さい。



作者のチャールズ・M・シュルツさんが50年にわたり描き続けた新聞連載「ピーナッツ」の魅力、スヌーピーと仲間たちを通じて20世紀後半のアメリカ文化を紹介しています。
東京で、開催していたスヌーピーミュージアムの全5回の企画展を凝縮して展示されています。
ぜひご覧頂きたいのは、貴重な原画。なんと80点も展示されています。

また50年の中でのスヌーピーの変化や、友達、恋などといったピーナッツにとって大事なテーマをご紹介!
一番最後の展示室は夫妻のお部屋をイメージした展示になっています。
夫人がバレンタインデーにプレゼントされた秘蔵の原画の展示もあります!



テーマによってそれぞれの展示室のお部屋の壁の色や雰囲気も違うので、様々なスヌーピー達の世界が楽しめます。

そして…とにかくかわいい!!(*^o^*)



限定グッズの販売もあります!
数に限りがありますのでお早めにお願いします。またショップのみの利用はできないのでご了承ください。



土日は大変混雑し、2時間ほどの待ち時間が出る場合もあります。平日の午後は今のところ比較的ゆっくりご覧頂けそうだと言う事です。
夏休み期間中になると混雑が予想されますので、お早めのご来場をお願いします。

今日は名古屋市博物館 学芸員の加藤和俊さんにお話を伺いました。ありがとうございました。

稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆スヌーピーミュージアム展
  ◇名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
  ◇TEL 052-853-2655


ニッケンホーム

今日は、ニッケンホームが新しくオープンさせたモデルハウスにお邪魔しました!



外は蒸し暑かったのですが、おうちに入ったらひんやり涼しく感じました。このモデルハウスは、超高断熱トリプル断熱を採用しているので、涼しく感じるのだそうです。
サッシもオール樹脂サッシのペアガラスにすることで、冷暖費を50%削減できたそうです。



また、太陽光発電を10.5kw載せており、オール電化仕様になっているので、光熱費は0円なんです。ソーラーの余剰電力の売電収入を年間約40万見込める家だそうです(^^)



更に、車をハイブリッド車にすると、車のバッテリーからおうちに電気を供給することができるんです。災害時や停電時に、車のバッテリーや太陽光発電を利用できるので、災害に強い家なんです。
これからの家は、経済性能や災害に強いことが大切だそうです。新築の家を検討されているか方は、ぜひ参考になさってください。



今日は、ニッケンホームの高橋社長にお話を伺いました。
ありがとうございました(o^^o)

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆ニッケンホーム
  ◇愛知県一宮市富士4-1-4
  ◇TEL 0120-24-9292


ナガシマ ジャンボ海水プール

三重県桑名市にある「ナガシマリゾート」におじゃましましたー!



ナガシマリゾートといえば!もうみなさんご存知、ナガシマスパーランド、ジャンボ海水プール、長島 湯あみの島、リゾートホテル、アウトレットモールなどなど、一日中楽しめちゃうところですよね!



ジャンボ海水プールの今年の営業が6月29日に始まりました!ナゴヤドームのフィールドおよそ6個分の広大な敷地に、まるで海のように波の出るプールや、流れるプール、世界レベルの超巨大ウォータースライダー、小さなお子様向けの水遊びエリアまで、さまざまなプールとスライダーが揃っています。



中でも、去年登場した超激流プールは今年も大人気!ゴツゴツとした岩に囲まれる峡谷をイメージした1周およそ320メートルのコースの中、激しく舞い上がる水しぶきや大波を、浮き輪に乗って進むアトラクションプール。ラフティング気分が楽しめちゃいます!40トンもの水が数十秒ごとに一気に流れ、一般的な流れるプールのおよそ3倍もの速さになるんです。みなさん、キャーッと大きな声を出していて、めちゃくちゃ楽しそうでしたよー!



さらに!「ジャパーン」も大人気!スライダーやウォーターガン、水車などなんと100以上の仕掛けがあり、その姿はまるで水の要塞!特に人気の仕掛けは、超巨大バケツです。ビルの6階もの高さから、超巨大バケツで3トンの水が一気にジャパーーーン!と降り注ぎます!ここからもキャーッと楽しそうな声が聞こえてきていましたよー!

このジャパーンにちなんだスイーツもあります。マンゴー味とブルーハワイ味の2種類。かき氷の上にソフトクリーム、そしてパチパチとはじける飴が乗っていて、爽やかでおいしかったです!

さらに!遊園地ナガシマスパーランドに、今年の春、登場したのが、「白鯨」。木製とスチールのコースターを融合させた、まさに新時代のジェットコースター。回転したりひっくり返ったり、外に放り出されるようなカーブがあったりと、スリリングなコースレイアウトが凝縮されています。



是非この夏は、お友達やご家族とナガシマリゾートへお出かけください!

ご出演いただきました「超激流プールの説明させたら日本一!」広報の熊谷さん、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



伊勢湾フェリー

三重県鳥羽市にある伊勢湾フェリーの鳥羽のりばにお邪魔しました!



伊勢湾フェリーは、三重県鳥羽市と愛知県田原市渥美半島の伊良湖岬を55分で結ぶ航路で、国道42号線の海の航路としてご利用いただいています。
旅客定員は、500名、乗用車は50台搭載できる2000トンクラスのカーフェリーです。

今年55周年を迎え、7月12日から9月1日までの期間中、周年記念夏の特別イベントが開催されます。



7月12日は周年記念うちわを各乗り場プレゼント!!
13日の伊良湖発10時40分、鳥羽発14時10分の便では、豊橋市こども未来館が伊勢湾フェリーに出張して船内で「おさかなモザイクアート」を実施。
海底をイメージした台紙にちぎり絵のモザイクを貼って海の生き物を作成します。

7月20、27、8月24、31日の伊良湖発9時30分、鳥羽発10時40分の便でおえかき水族館を開催!白い陶器のイルカに水性ペンで色を塗り、個性あふれるオリジナルイルカが作れます。

また期間中は、こども船長体験と絵日記コンクールを実施します。
こども船長体験は、各港から出発する9時台と10時台の便限定で普段見ることのできない操舵室を見学できます。
またこども船長服を着用して記念撮影もできます!
こども絵日記コンクールは、小学生を対象に伊勢湾フェリーに乗った体験記や、旅行記、伊勢湾フェリーの風景などを書いた絵日記を募集!
優秀作品には特大ぬいぐるみや渥美半島特産のメロン、伊勢湾フェリーのオリジナルグッズのプレゼント!
応募用紙は伊勢湾フェリーの各のりば窓口かホームページからダウンロードできます。



さらに!!
特別な企画として、サンセットクルーズ特別便を運航します。
7月13日、8月3日、は鳥羽港発着、7月14日、8月4日は伊良湖発着のサンセットクルーズ便を運航します。
各港を出港し鳥羽の離島・答志島をぐるっと一周する2時間のクルーズです。
大人も子供も500円!!当日の募集定員は300名です。
予約はないので、ぜひこの機会にご乗船下さい。



今日は伊勢湾フェリーの上野さんにお話を伺いました!ありがとうございました(╹◡╹)

稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆伊勢湾フェリー
  ◇TEL 0599-25-2880(鳥羽のりば)
  ◇TEL 0531-35-6217(伊良湖のりば)


愛知カンツリー倶楽部/アーレックスカップ マッチプレーゴルフトーナメント

名古屋市名東区にある愛知カンツリー倶楽部におじゃまして、11日までの4日間開催される「第2回アーレックスカップ マッチプレーゴルフトーナメント」について、お話を伺いました!



愛知県は、若手のプロゴルファーが出場できる試合の数が少なかったため、試合経験を積んでもらおうと、愛知県プロゴルフ協会が去年の3月に設立されました。その愛知県プロゴルフ協会の選手が出場して、去年に続いてアーレックスが協賛して開催されているのがこの大会です。



今回は、愛知県プロゴルフ協会に所属する選手を中心に124人が参加。

1日目、出場者全員でスコアを競う、18ホールのストロークプレー終了後、そこから上位64名が2日目からのマッチプレーに進出します。  

実力があってもなかなかチャンスをつかめていなかった選手がこのような大会でどんどん自信をつけていくことも多いんだとか。そんな選手のみなさんのプレーを、ローピングなしで間近で見られるのもこの大会の見どころです。



また、この大会はギャラリー入場無料に加えて、かき氷のサービスも!是非この機会に、迫力満点のプレーをご堪能ください。



試合中のインターバルという貴重なお時間中ご出演いただきました、愛知県プロゴルフ協会副会長の桑原選手、写真撮影にご協力いただきました宮下会長、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆第2回アーレックスカップ マッチプレーゴルフトーナメント
  ◇7月8日(月)〜11日(木)
  ◇愛知カンツリー倶楽部