レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

紅久商店

豊橋市にある紅久商店にお邪魔しました。



江戸時代に創業され、当初は紅から頬紅や口紅を作り、お城に収めていたそうです。
7代目に久兵衛さんと言う方がいらっしゃって、紅屋の久兵衛と呼ばれていた事から、紅久と言う社名になったそうです。

その後、1902年から金属リサイクル業に業種変更したそうです。



金属リサイクルと言うととても大きなものをイメージしていました。
工場内からは金属を切断するような大きな音も聞こえてきました。
ただ、お話を伺ったお部屋の中のテーブルには、携帯電話やパソコンの部品を分解したようなものもたくさん置いてありました。
実は携帯やパソコン、デジカメ、ゲーム機などの小型家電には、金、銀、銅などの金属原料が使用されており、これらを都市鉱山と呼んでいるそうです。



これらの都市鉱山から、東京オリンピックの金メダル、銀メダル、銅メダルが作られるそうです。
東京オリンピック用のメダルに使われる原料の収集は既に終了していますが、こちらのリサイクルメダルを皆さんへ向けて販売する企画もスタートしたそうです。



メダルの中央には、王冠のマークがデザインされていて、その下にはオリジナルのデザインを挿入できます。
詳しくはホームページをご覧ください。

また紅久商店では、ご家庭で不要になった電化製品など回収もしてくれます。
詳しくは、お問い合わせください。



今日は紅久商店の三浦社長にお話を伺いました。
ありがとうございました。


稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆紅久商店
◇0532-32-8888


多度大社

今日は、桑名市多度町にある、多度大社にお邪魔しました。




白馬伝説、上馬神事で有名ですよね。
今日は平日にかかわらずたくさんの参拝の方がいらっしゃっていました。
車のお祓いをされるかたもいらっしゃいました。


今の時期は特に厄除け、八方ふさがり除けのご祈祷を受けられる方が多いそうです。
多度大社は、厄除け大社とも言われているそうです。
厄年は、年まわりの悪い事を言いますが、八方ふさがりとは、自分の生まれの星が中央に位置し周囲をふさがれ自由の利かない状態のことを言います。
運気は強いため、周囲に災いを及ぼすこともあるそうです。
本年は「七赤金星」の方があたるそうです。



ご祈祷の受付時間は午前8時30分から午後4時30分まで。
ご祈祷料は5000円からです。
平成14年生まれと昭和59年生まれの女性の方が厄年と八方ふさがりの両方にあたります。
特別に8000円のご祈祷料で厄除けと八方ふさがり除けのお札とお守りをお受け頂けます。



また、今年も2月3日に、節分大厄除祭が行われます。
現在参加者募集中です。
参加費は3万円で、大厄除祭、お下り、豆まき2回、直会、鏡五郎ショーが含まれます。
一緒に豆をまいて頂く方は、歌手の鏡五郎さん、サッカークラブ「ヴィアティン三重」の上野展裕監督、坂井将吾選手、佐藤洸一選手です。
興味がある方は、多度大社にお問い合わせください。
豆まきの時間は、午前11時と午後1時の2回です。
1月26日(日)にも特別豆まきが午前11時と午後2時の2回行われます。
ぜひ福豆を拾いにお越しください(^^)



今日は、多度大社の権祢宜の杉原さんにお話を伺いました。
ありがとうございました。


伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆多度大社
◇三重県桑名市多度町多度1681
 フリーダイヤル0120-37-5381