レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

不朽園

今日は、中川区尾頭橋にある不朽園本店にお邪魔しました。



木造建てで趣があり、歴史ある和菓子処の雰囲気です◎

不朽園は最中づくり一筋、名古屋尾頭橋の和菓子処で、今年で90周年を迎えます。




不朽園では和菓子全般を製造販売しているんですが、特に最中の販売に力を入れています。

最中は単純なお菓子ですが、それだけ簡単であるほど奥が深く、餡だけが主張してもだめ、最中種(皮の部分)だけがよくてもダメ、最中種と餡がいいバランスでないとおいしい最中が生まれない!というわけで、バランスを考え、不朽園独自のおいしさを追求しています。



そして、このたび、90周年を記念して新商品 餅入り最中「尾 頭橋」を開発し、完成しました!
十勝産小豆をこし餡に、餅を入れ、古代米の種で包んだ商品です。
平安時代より数えて約1000年、由緒ある「尾頭」のこの地にちなんで商品名を「尾頭橋」とされています。
地名の始祖となった尾頭次郎義次公に尊崇の念をはらい、新しい名古屋名物として成長させていきたいという願いを込めて名を付けたそうです。

この新商品「尾頭橋」は、8月8日から8月14日までJR名古屋高島屋店でキャンペーン販売となります。
JR名古屋高島屋店以外での販売は今後考えていくということですので、ご希望の方はこの期間中にJR名古屋高島屋店でお買い求めください。

また、今日お邪魔して不朽園本店は 、朝7時から夜7時まで営業を行っているので、帰省前、出張前、出勤前などにお買い求めいただくことができ、より新鮮な状態で手土産としてお持ちいただくことができます。



こだわりと歴史ある不朽園のおいしい最中を、ぜひ皆さんお買い求めください。
今日は不朽園常務取締役の杉村さんにお話を伺いました。
ありがとうございました^-^

早田明日香




※放送後1週間お聴きいただけます。



不朽園 本店

  ◆不朽園 本店
  ◇愛知県名古屋市中川区尾頭橋3丁目4-8
  ◇TEL 052-321-4671


麺屋 神明 安城店/サッポロ

安城市横山町にある「麺屋 神明 安城店」におじゃまして、おいしいラーメンのひみつと新しく登場した糖質オフ麺について伺いましたー!



麺屋 神明は、昭和45年、名古屋市天白区の島田橋で軽トラックを改造した屋台「丸平ラーメン」から暖簾分けされ、大府で始まりました。現在は、名古屋栄スカイル、豊田、大府、阿久比、安城の5店で展開中です。




麺屋 神明には、2つの人気メニューがあります。それが、さっぱり淡麗系の中華そばと、クリーミーとんこつ。
中華そばは、透き通った魚介スープで昔ながらの屋台味を再現。



そして、クリーミーとんこつは、超新鮮な原材料から抽出されたスープで、臭みがないのに濃厚でクリーミー。さっぱりとクリーミー、両方楽しめるのがとってもうれしいお店です。



そして、新たに登場したのが、糖質オフ麺!神奈川県にある製麺所と共同開発されたもので、通常の糖質オフ麺ではなかなか出せないもっちり食感を出し、スープとのおいしいバランスが実現されています。通常のとんこつ麺と比べると、糖質が4分の1、カロリーも4割カットになるので、カロリーが気になる方や糖質制限中の方にも楽しんでいただけます!

実はわたしも、クリーミーとんこつを糖質オフ麺でいただいたのですが…本当に濃厚でおいしかったです。スープは濃厚なのにさっぱりなので、ゴクゴク飲んじゃいます!麺ももちもちでとっても食べごたえがありましたよー!是非みなさんも味わってみてくださいね!



営業時間は、お昼のランチタイムと夜のディナータイムに分かれています。
ランチタイムは11:00〜15:00。ラーメンに+αで餃子や唐揚げをつけられるセットがあります!
ディナータイムは、17:30〜24:00。雰囲気がガラッと変わって、カフェBARスタイルのラーメン店になります。おいしいビールやハイボールなどがお楽しみいただけますよー!

是非みなさんも足を運んでみてくださいね!

ご出演いただきました岩切社長、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



麺屋 神明 安城店

  ◆麺屋 神明 安城店
  ◇安城市横山町浜畔上61
  ◇TEL 0566-91-4700