レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

鬼岩 岩穴くぐり

今日は、岐阜県瑞浪市にある、飛騨木曽川国定公園の中にある鬼岩公園に行ってきました!



紅葉の進み具合は6割ほど。緑と赤、黄色のコントラストがとっても美しいです。今の時期は、松茸料理を味わえますよ(^^)



鬼岩公園では、11月16日(土)、17(日)の2日間限定で、鬼岩 岩穴くぐりを開催します。




鬼岩公園には巨岩がたくさんあります。この2日間は、巨岩と巨岩が重なってできた自然の洞窟をくぐることができるんです!
6回目の今年は、キャンドルを置いたりと遊び心もプラスされています。
私も特別に、岩穴くぐりを体験させて頂きました!狭い岩と岩の間をかがみながら、時には四つん這いになって這いつくばりながら進んでいきます。
冒険気分で、とってもエキサイティングでした!今日は涼しかったのですが、汗ばんでいて、楽しみながらいい運動になりました。
岩穴は自然でできたものなので所々滑りやすくなっています。服装は長袖長ズボン、スニーカーでお越しください。ヘルメットと軍手は貸出があります。
そして、この2日間限定で、鬼岩岩穴くぐりの御朱印の販売を行います。販売場所は鬼岩公園前です。紅葉をイメージした色付きの御朱印で素敵ですよ(^^)
ぜひゲットしてください。



今日は、鬼岩観光協会 協会長の吉田さんと、鬼岩公園を管理されている伊藤さんと、こうせいさんにお話を伺いました。
ありがとうございました。

伊藤静香



◆鬼岩 岩穴くぐり
◇日時 11月16日(土)、17日(日)9時30分~15時
◇場所 鬼岩公園



※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆鬼岩公園
  ◇岐阜県瑞浪市日吉町9514
  ◇TEL 0574-67-0285(鬼岩観光協会)


長良川鵜飼伝承館(長良川うかいミュージア​ム)

長良川うかいミュージアムにおじゃましました。



岐阜県を代表する伝承文化である長良川鵜飼の価値を分かりやすく紹介、情報発信する場として通年営業を行なっています。例年5月11日から10月15日までと開催期間の限られている長良川の鵜飼についてオフシーズンにもその魅力を発信しています。




長良川鵜飼は清流長良川がもたらす自然の恵みと1300年を超えて脈々と受け継いできた人々の営みとが生み出した岐阜県が誇る伝統文化資産です。

映像やクイズなどを使って紹介しているのでお子さんにも楽しんで頂けますし、とても分かりやすいと思います。

さまざまなテーマを設けて特別展示も行われていますが、今回の展示は「写真展 移りゆく鵜飼の風景」です。
伝統のある鵜飼ですが、時代や自然環境の変化や冷凍技術の進歩などで少しずつ変わってきているそうです。
昭和の時代まで見られた長良川鵜飼の情景を写真パネルを使って紹介しています。今では見られなくなった貴重な光景の写真パネルが展示されています。ぜひご覧下さい。

その他イベントなども開催されています。



毎月第三日曜日は、家庭の日として中学生以下のお子様とそのご家族は無料で展示室をご観覧頂けます。
鵜匠さんの衣装を着る体験イベントや鵜飼のオフシーズンには週末に不定期で鵜匠さんによる鵜飼の実演や鵜飼の説明を開催しています。
今週末の17日(日)は家庭の日!
ぜひご家族でお越し下さい^_^



今日は長良川うかいミュージアムの事業課長、学芸員の河合さんにお話を伺いました。ありがとうございました^ - ^

稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆長良川鵜飼伝承館(長良川うかいミュージア​ム)
  ◇岐阜県長良51-2
  ◇TEL 058-210-1555