レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

津田学園中学校・高等学校サイエンスクラブ/株式会社フローラ

三重県桑名市にある「津田学園中学校・高等学校」におじゃまして、「みえ探究フォーラム2021」で最優秀賞を受賞したサイエンスクラブについてお届けしました。



津田学園中学校・高等学校は、豊かな自然に囲まれる中高一貫校。
今年度は、津田学園が50周年を迎え、新たに、原点回帰することになり、
探究学習と部活動の充実をすすめています。

サイエンスクラブは、「日常生活の疑問」をテーマに、仮説を立て、
実験・調査を通じて、論理的に考える感性を磨きます。
HB-101でおなじみの株式会社フローラの研究員の方に助言などをもらいながら、本格的な実験に取り組み、
より専門的な研究や探究学習に触れられるのが魅力です。

現在、15名が在籍しているサイエンスクラブのメンバーの中から、
今年2月に行われた、みえ探求フォーラム2021で最優秀賞を受賞したのが、
高校3年生のおおやさんと中学2年生のくまきさん。


みえ探求フォーラムとは、三重県内の中高生のための学会で、
日頃、部活動やクラブ活動で行なっている研究を1年に1度発表できる場です。

おおやさんとくまきさんは、ゼブラフィッシュという、光に反応して産卵する魚に、
赤・青・緑のLEDライトの元で産卵させて、卵の数がどのように変化するのかという研究をしました。

結果としては、赤色のLEDライトを当てたときは、他の色よりも2割から3割、卵が増えたそうです。
この研究は、今後、ゼブラフィッシュの繁殖をして実験用の個体として用いることはもちろん、
医療研究に使われたり、養殖に活かされる日もやってくるかもしれないということです。

くまきさんは、実験を通して、実験を成功させるためには何をしたらいいのかを、いちから順番に考えるという、
課題解決の力を身につけられたそうですよ!

おおやさんの夢は、研究を通して、意見交換をすることの重要性に気づいたので、
ほかの人と意見交換をしながらいろんな仕事にチャレンジしたいとのことでした。

くまきさんは、犬が大好き!
今回の研究で学んだ、課題解決の力を用いて犬の殺処分ゼロを目指したいとのことでした。
高校生や中学生のときから、将来のことを考えているなんて本当にすごい!と感心してしまいました。

サイエンスクラブでは、より理科を好きになってもらいたいのはもちろんですが、
それは最終目的ではなくて、好きなことを通じて一生懸命取り組むことで世の中の様々な課題を解決できる、
そんな子供達を育てていきたいと、先生はおっしゃっていました。

最優秀賞、本当におめでとうございました!




ご出演いただきました柳田先生、おおやさん、くまきさん、ありがとうございました!

石川由香里



※放送後1週間お聴きいただけます。



◆津田学園中学校・高等学校
◇三重県桑名市野田5-3-12
◇TEL 0594-31-6311