アナウンサー 一覧に戻る

ゲンカレチ 専務車掌 源石和輝

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

8509日 定期列車

1995年3月20日。
地下鉄サリン事件が起きた日は、
大学の卒業式だった。

のりかえ≫締切迫る!ひるカフェツアー

空撮のテレビ映像に人々が群がっていた。
数日後、大須のマハーポーシャに強制捜査が入ると聞いて
朝まで飲んでフラフラの頭で現場へ行き、
恐る恐る取材の手伝いをしていた。

バブルは弾け阪神大震災に後ろ髪引かれながら地元を後にした。
震災の朝、ABC道上洋三アナはラジオで呼びかけた。
「もう会社も学校も行くのやめなはれ」。
思えばとんでもない時代に社会人を始めたものだ。

あれから23年半。
オウム幹部ら7人が死刑執行を受けた朝はradikoをはしごしていた。
手術で長期療養に入る道上アナが番組終了直前に第一報。
しかしメインはあくまで大雨情報だった。
RCCごぜん様さまもしかり。
名古屋の各局も。

テレビは軒並み死刑執行一色。
ラジオとの違いが際立った。
キー局のある東京で起きた事件だったというのもいまだ大きいだろう。
このあたり、1995年とさほど変わっていない。
NHKは両者のバランスを取っていたように思う。

ABCラジオではその後、
喜多ゆかりアナが1歳の娘を連れて生放送に臨んだ。
大雨で保育園が休みになったからだという。
社会を揺るがした事件の幕引きとも言える日に、
社会に柔らかな一石を投じる事件が起きた。

出来事を広く伝えるテレビ。
命を守り育むために寄り添うラジオ。
そうハッキリ役割が決まった一日だと思う。
2018年7月6日。