アナウンサー 一覧に戻る

ゲンカレチ 専務車掌 源石和輝

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

平成最後の深夜生放送!令和に伝える「くだらないこと」 定期列車

源石アナ(左)と井田アナ

4月7日(日)、東海ラジオ開局60周年深夜生放送『月イチでらブレイク』(月1回日曜26:55-29:00)第1回が行われた。「ラジオの枠を飛び出す」ことができる次代のパーソナリティ発掘を目指すもので、毎月第2日曜(4月のみ第1日曜)の放送休止枠に設定される。記念すべき第1回にして平成最後となる深夜生放送のパーソナリティは平成2年生まれの井田勝也アナウンサーが担当。井田アナに同番組のプロデューサーを託した深夜経験豊富な源石和輝アナウンサーが「サポーター」として出演した。

真夜中にサクラサク 名所鶴舞公園で起きた「奇跡」
日曜深夜26時55分。普段は放送休止時間だが、放送終了告知を「ジャック」するようにクイーンの「ドント・ストップ・ミー・ナウ」に切り替わり、井田・源石両アナの声で『月イチでらブレイク』のタイトルコールが被さった。事前に番組の詳細を知らされていなかった源石アナは10分間の「すべらない話」をさせられた直後、井田アナの「指令」でコンビニへ夜食の買い出しに行かされる。2001年の元日深夜特番で同じ経験をした源石は「18年経っても同じことをさせられるのかよ!」と苦笑しながら局最寄りのコンビニへ。折からの雨で濡れた足をワックスがけ作業が進む店内で滑らせながらも「主食」と「オカズ」の購入に成功。このもようは逐一携帯電話を通じて番組に報告された。28時台には2本目の中継として桜の名所鶴舞公園(名古屋市昭和区)へ。「花見客をレポートせよ」との指令に「人なんかいるのかよ」といぶかる源石アナであったが、到着早々翌日に向け場所取り中の若者10人組を発見。マイクを向けるも「ラジオの生中継?1人しかいませんけどガチ(本当)ですか?」と詰め寄られつつも「誰かスマホ持ってるだろ?radiko立ち上げてみなよ」と応戦。30秒遅れでレポートのようすが再生されると一同からどよめきの声が上がった。その後公園内に建つ名古屋市公会堂の車寄せで雨宿りしながら始発電車を待つ「ワケあり」男女に突撃したりとやりたい放題の源石アナに対し、スタジオの井田アナは「そっちと代わってほしいなあ」。「レポートは上手い下手じゃない。『引き』だよ!」源石アナの声は弾んでいた。


若者10人組と記念撮影(右端が源石アナ)

あのM-1ファイナリストも!パーソナリティーを賭けた公開オーディション
番組は4月から9月までの「シーズン1」はアナウンサーによる月替わり放送。10月から翌年3月までの「シーズン2」は6組のお笑い芸人が担当するが、担当者を決めるためのオーディションも番組内で行われる。7日の放送ではさんぽ(太田プロ)、うみのいえ(浅井企画)、エル・カブキ(マセキ芸能社)、平井“ファラオ”光(サンミュージック)の4組がそれぞれ制作した5分間のデモ番組をオンエア。平井はM-1グランプリファイナリストでもあるコンビ「馬鹿よ貴方は」からソロで参戦した。このうち1組がリスナー投票を経て月間チャンピオンに選ばれ、9月に名古屋・栄のオアシス21で開催されるイベント「東海ラジオ大感謝祭2019」に出演してネタを披露、その後シーズン2で1回ずつパーソナリティを務める。投票は東海ラジオ開局60周年特設サイトで5月7日24時まで受けつけるほか、音源を聴くこともできる。5月以降も毎回4組の芸人によるデモ番組が放送され、同様に月間チャンピオンを決定する。

≫東海ラジオ開局60周年特設サイト

Twitterでトレンド入り!復活の第一歩に「この企画ができてよかった」
鶴舞公園で「引きまくった」せいか、帰りのタクシーが拾えず29時(翌朝5時)のエンディングに間に合わなかった源石アナだが、不思議な満足感があった。対する井田アナも本番後のスタジオで声を上ずらせている。家路につく両アナ。番組中だけ降った雨も上がり、曇っているが白々と夜が明けてきた。「そうそうこの感覚!夜を走った後のこの明るさ!それこそが深夜ラジオの醍醐味なのよ。雨上がりのデイブレイク(夜明け)。それがでらブレイク。興奮が収まらない井田Pを見てこの企画ができてよかったと実感」と自身のTwitterに綴った源石アナ。地方局制作の深夜ラジオが激減する現状に「このままではラジオの楽しさを次の世代に引き継ぐことができなくなってしまう」と危機感をあらわにしていたが、ひとまず若い世代に醍醐味を伝えた形だ。真面目なトークや役に立つ話題も大事だが、ラジオのベースは「くだらないこと」にある。くだらないことを大人が必死になって取り組むからこそ、リスナーはパーソナリティとの距離を縮め、味方になることができる。Twitterではハッシュタグ「#でらブレ」がトレンド入り。普段送らない人からもメッセージが寄せられるなど、くだらないことにつきあったリスナーが多かったことにスタッフ一同手ごたえを感じていた。平成から令和に向けて記された深夜ラジオ復活の第一歩は、東海ラジオ次の60年に向けた大切な一歩になるはずだ。第一歩を踏み出した靴の裏には、雨に濡れた桜の花びらが貼りついていた。

■月イチでらブレイク 東海ラジオ
4月7日(日)  26:55-29:00
≫radikoで聴けます(4月14日まで)

※次回は5月12日(日)26時55分から村上和宏アナが担当。