アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『わくわくレールランド』 日々

きょうからジェイアール名古屋タカシマヤで「わくわくレールランド2019」が始まりました。車掌や駅員などのお仕事体験、大きなプラレールへの乗車やプラレールつりなどイベント盛りだくさんで、午前中から大変なにぎわいでした。


『ディープインパクト死す』 日々

きょうの『大澤広樹のドラゴンズステーション』は仁村徹さんをお迎えしました。「思い出のあの場面」では31年前、1988年7月中日大洋戦・仁村兄逆転サヨナラ適時打を振り返りました。現代なら「仁村薫」「仁村徹」とスコアボードに表記されるでしょうが、当時は「仁村兄」「仁村弟」と表記され、アナウンスもされていました。てっきり私は仁村兄弟のこだわりなのかと思ったら、仁村さんからは「なんか最初からそうだったよね」との答えで、理由はわからないという(笑う)。不思議なものですよね。11度のサヨナラ勝ち、8ゲーム差をひっくり返しての逆転優勝。当時、私は中学1年生でしたが熱いシーズンでした。


『面白こわい』 日々

きょうは『大澤広樹のドラゴンズステーション』3時間放送の日。スタジオには鹿島忠さんでした。鹿島さんも一イニング8失点の経験があったとは驚きでした(リリーフ登板でしたが)。


『祝辞を述べる』 日々

きょうは朝から浜松へ。かつて夕刊紙『名古屋タイムズ』のドラゴンズ番記者で、公私ともにお世話になった高柳隆さんの結婚披露宴でした。


『きょうは5組のカップル成立』 日々

長い長い一回表、DeNAの攻撃でした。今季2度目の松坂大輔選手の先発登板試合。打たれることはあるにせよ、あれほど完膚なきまで打ちのめされるとは…。松坂選手のキャリアで最短の1/3での降板。打者10人8安打1死球、なんと8失点。連敗中の中日にはあまりに重い8失点でした。