アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『加藤匠馬の1時間40分』 日々

最高気温24.8度、快晴の沖縄で、中日ドラゴンズは沖縄秋季キャンプ第4クール初日を迎えました。きょう一番目を見張ったのは加藤匠馬選手への猛ノックでした。下の写真が15時48分、この前にもうノックは始まっていました。



15時54分、そろそろ『ドラステ』のレポートの時間が近づいてきましたが、まだノックは続いています。



土が乾き砂ぼこりが舞います。与田監督が自ら水を撒き始めました。



16時を回り、『ドラステ』の電話レポート1回目を終えましたが、まだノックは続いています。





16時24分、ノック終了。いやぁ加藤選手お疲れ様でした!



と思ったところに、同じく捕手の石橋選手がやってきました。伊東ヘッド、中村コーチによるノックが始まりました。加藤選手、まだ終わりじゃなかったのね…。



17時09分、ついに終了。もう加藤選手は1時間40分ほどノックを受けていたということになります。しかもご覧のように背中までもう真っ黒になってしまいました。スゴい…。



おいしそうにスポーツドリンクを飲み干します。よくこれだけのノックに耐えました。報道陣からも落球すると「あ〜っ」とため息が漏れ、終わったときには拍手が起こりました。





日焼けした選手たちがみっちりと鍛えられている北谷キャンプ。



こちらも負けじとたっぷり取材しますよ!