高校ラジオクラブ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

「GRANRODEO谷山紀章さんに会いたい!」声優目指す女子高校生が学びたいのは学校心理学 予告

自分へのメッセージを考えているところ

毎月1組の高校生が東海ラジオで番組を制作する『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。サブカルチャーをこよなく愛する関高校3年の女子生徒の愉しいおしゃべりも今週が最終回。最後は未来の自分自身にあてたメッセージをラジオを通じて届けました。

中学以来6年続けた卓球部を引退。「自分は飽き性で、一つのことをこれだけ長く続けたことはありませんでした。人間関係に悩んで辞めようとしたこともありましたが、それに耐えたり副部長として後輩たちをまとめたりできたことは今後の財産になると思います」。今後は受験勉強に専念しますが、「大学では心理学を勉強したいです。大学に進んだ声優の多くが心理学を学んでいますし、文章から人の気持ちを読み取ることができると思うので。中でも学校心理学に興味があります。ニュースなどで教員の心の問題がクローズアップされ、自分でも考えさせられることが多いんです」。一時は教員にも憧れましたが「周りにも心の問題を抱えた先生がいて、そういう人たちを助けたい」という気持ちが彼女を突き動かしているようです。夢は声優になることですが、「子どもからお年寄りまで幅広く演じられるようになりたいです」。会いたい人は誰かと聞かれて答えたのは2人組音楽ユニットGRANRODEOのメンバーで声優、ラジオパーソナリティでもある谷山紀章さん。「音楽にも声優にも取り組む姿勢がカッコいい」のが理由とか。そんな憧れの存在に一歩近づけたという今回の高校ラジオクラブ収録。「実際にラジオ番組を作っている空間でなかなかできない経験ができました。最初は台本が真っ白で驚きましたが、スタッフと話し合いながら作り上げていくのは自由度が高いなと思いました。曲をかけたり朗読したり、やってみたいことをやれました。中学3年の妹にも高校生になったら参加するよう伝えておきます」と笑顔でスタジオを後にしました。「お金、時間、体力。すべてがバランスよく揃うのが大学生。受験生のうちから大学生になったら何をしたいか考えておくと勉強の励みになりますよ」パーソナリティの井田勝也アナウンサーは自身の経験から大学進学を目指す高校生にエールを送りました。やりたいことが漠然としていても、プロのアナウンサーやディレクターのサポートで番組になる。それが高校ラジオクラブです。放送未経験の方も大歓迎。あなたのご応募お待ちしています。


のりかえ≫radikoでシェア!

のりかえ≫GW参加者募集中!


■高校ラジオクラブ
5月27日(月)
21:40-21:50