アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『大澤広樹のドラゴンズステーション』 日々

きょう13時から

「春の番組改編発表記者会見」がありました。

山﨑武司さん、山浦ひさしさん、深谷里奈さん、

そしてわたし。



概要など詳しくは東海ラジオのホームページに掲載の通りなので、

わたしは裏話、というかいきさつを。

まずわたしは『(パーソナリティ未定)のドラゴンズステーション』の

プロデューサーを仰せつかっていました。

昨年の10月のことです。

これは昨年12月に発表された、

東海ラジオが中日ドラゴンズのオフィシャル・スポンサーになることと

並行で進むプロジェクトでした。

パーソナリティを誰にするか?というのを決めるのも

プロデューサーの仕事です。

毎週行われる会議は、

わたしだけが平社員。

あとは皆、部長以上です。

与田監督や伊東ヘッドコーチなど首脳陣の会議に

ひとり飛び込む福田選手会長のような感じでしょうか(笑い)。

他の仕事、人繰りができるかどうかを勘案し、

わたしはいくつかの案を出しました。



しかし…すぐに「わたしの不在の場面で」満場一致していた対案を突き付けられます。

それが「大澤が月~金で担当してもらえないだろうか?」でした。

悩みました。

野球実況から離れてしまうのか。

ビジターにレポーターとして帯同することもなくなるのか。

引き受けることはすなわち取材の現場から、

野球の現場から離れてしまうのではないか。

そもそもわたしはプロ野球の実況をしたいという動機で

アナウンサーになったのです。

すごく悩みました。

が、「わかりました」と答えました。

この大事な役割を任せることに対して

上層部も大いに悩みながらも決断したはずです。

昨年は28試合と東海ラジオで断トツの実況数を担当したわたしが

完全に野球中継から外れることは不可能ということで、

カード初戦は基本、わたしが実況を担当する。

その時、『大澤広樹のドラゴンズステーション』の冒頭に出演し、

あとはスタジオにいるほかのアナウンサーにお任せする、

という決まりができました。



なので野球実況を辞めるわけではありません。

ただし基本的にはビジターに行くことはありません。

さらにビジターで試合がある場合、

わたしは21時半まで会社で待機し、

試合が早く終わった場合は現地のレポーターと結ぶなど

『ガッツナイター』の後番組として

『大澤広樹のドラゴンズステーション』を担当することになります。

平日16時から21時まで(月曜日は19時まで)、

ドラゴンズ情報、プロ野球情報満載でお送りします。

プロデューサーとしてもメインパーソナリティとしても、

重大な責任を感じるとともに、

働き方改革に逆行する(笑い)膨大な仕事量に

軌道に乗るまでは忙殺されています。



出演者は

【月曜日】大澤広樹、野球評論家、日高優月(SKE48)



【火~金曜日】大澤広樹、前野沙織、野球評論家



以上となります。

勝っても負けても熱く全力で

ドラゴンズファンの胸に響く番組を目指していきます。

『大澤広樹のドラゴンズステーション』、

社内では『ドラステ』の愛称で呼ばれています。

期待してください。