アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『ああ軍艦島』 日々

いま長崎空港にいます。名古屋への飛行機が遅延、ラウンジでコーヒーを飲みながら、radikoで巨人中日戦を聴きながら、ブログを更新しています。

きょうの目的は、世界文化遺産・軍艦島への上陸です。私はひとつでも多くの世界遺産を観ておきたいと思っています。軍艦島は正式名称を「端島」といい、その形が軍艦土佐に似ていることからそう呼ばれるようになりました。南北に480メートル、東西に160メートル、東京ドーム1.5個分の小さな島に最盛期では5,300人(当時の東京都の9倍の人口密度!)が住んだ海底炭鉱の島です。1974年に閉山、以降無人島になりました。廃墟の島・軍艦島。見学を楽しみにしていたのですが、結果から書きますと上陸できませんでした。残念。軍艦島に上陸するには港から出ているツアーに必ず参加しなければいけません。そして、出航したとしても、軍艦島に上陸できるかは波の高さや天候によります。特に7月は上陸率は低いということも調べていましたし、天気が良いのですがきょうは波が高いのも予報でわかっていました。



順調に軍艦島に近づきました。出航して約45分、軍艦島に接近します。ゆっくりと周回するので船からみんなカメラを向けて撮影しています。まさに廃墟、映画『007 スカイフォール』で「デッド・シティ」のモデルになった軍艦島、こうして近づくとまさにデッド・シティでした。ちょっと波が高いけれど、上陸できるかな…。



下の写真がもっとも軍艦らしく見える位置から撮ったもの。ここに5,300人が住んでいたなんて。観たいなぁ、上陸したいなぁ。



しかし、波は収まりません。しばらく待機していたのですが、写真からもわかるように波が高く、その上、桟橋はそんなに立派なものではないために危険度が高いのです。天候には勝てません。仕方なし。



ああ、軍艦島が遠ざかっていく…。



外観に関してはゆっくり写真を撮ることができたのでまずまず満足しているのですが、やっぱり観たかったなぁ、軍艦島。

そしてさらに15分、搭乗便が遅れるというアナウンスがありました。