アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『ジャパンカップ』 日々

きょう15時40分が楽しみで仕方がありませんでした。競馬ジャパンカップG1に、アーモンドアイ 、コントレイル、デアリングタクトという三冠馬3頭が出走するというドリームレース。すでにG1競走8勝のアーモンドアイに、今年の無敗の牡牝三冠馬、コントレイルとデアリングタクト。アーモンドアイはこの競走が引退レースですから、最初で最後の顔合わせになります。コロナ禍でなければ間違いなく東京競馬場に駆けつけたはずです。わたしの本命はデアリングタクト、そして去年の2着馬カレンブーケドールを応援しましたが、勝ったのはアーモンドアイ。ルメール騎手が「さよならパーティー」とインタビューで答えていましたが、最後まで主役の座は譲りませんでした。



レース前の緊張、そしてレースそのものの興奮、レース後に襲いかかる寂しさ…。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトと人気通りに決まりましたが、際立ったのはアーモンドアイの底力。引退を撤回して、有馬記念に出てくれないものでしょうか(笑い)。心震える素晴らしいレースを見せていただきました。それにしてもカレンブーケドール、惜しかった…(苦笑い)。

わたしが最後に東京競馬場を訪れたのは2012年、エイシンフラッシュが勝った秋の天皇賞。もう8年も昔のことになります。



現地でG1競走を観られる喜びは、競馬ファンとしては変え難いものがあります。そして12月6日(日)は、中京競馬場で秋のダート王者を決めるG1チャンピオンズカップがあります。ぜひ皆さん、チャンピオンズカップにもご注目ください。日本国内で8戦無敗、クリソベリルというスターホースが出走します。東海ラジオでは当日、チャンピオンズカップの模様を実況生中継いたします。わたしは1年8カ月ぶりの競馬実況でかなり緊張しますが、しっかり準備して当てます! いや、喋ります(笑い)。