2019年3月度予選会


2019年2月度予選会


2019年1月度予選会


2018年12月度予選会


2018年11月度予選会


2018年10月度予選会


2018年9月度予選会


2018年8月度予選会


2018年7月度予選会


2018年6月度予選会


2018年5月度予選会


2018年4月度予選会



今日は、三重郡菰野町にあるパラミタミュージアムにお邪魔しました。



パラミタミュージアムでは、現在、浮世絵師 歌川国芳展を開催中です。



歌川国芳は、幕末で活躍した浮世絵師。ダイナミックな表現で躍動感溢れる作品が特徴的です。人物や動物が今にも飛び出してきそうな、迫力ある作品が多いです。  

今回の展示は、年代別ではなく、ジャンルごとに作品を並べています。  
水滸伝などの武者絵に始まり、妖怪退治、役者絵、ユーモア溢れる猫など擬人パロディ、美人絵、風景画と続きます。  
国芳自身、チャキチャキの江戸っ子で、大胆な性格だったそうです。元気な国芳の人柄が作品によく表れています。  

国芳といえば、猫の絵を思い浮かべる方も多いと思いますが、実際に国芳は猫が大好きだったそうです。30歳の時、水滸伝シリーズが売れるまではお金がなく猫を飼えなかったのですが、ヒット後は、猫を常に5、6匹飼って、着物のふところにも1、2匹入れて絵を描いていたそうです(^^)  
作品からも、国芳の猫ちゃん愛を感じられます。ぜひ猫1匹1匹の表情にもご注目ください。

国芳は、遊び心溢れるだまし絵や謎解きのような作品も多数残しています。  
「猫の当字ふぐ」という作品には、文字の中に猫が10匹、ふぐが3匹隠れています。お子さんも楽しめる作品が多いですので、ぜひ親子でもお楽しみください(*^^*)  



浮世絵師 歌川国芳展は、9月27日(日)まで開催しています。会期中は無休です。
感染症対策として、入口での検温、アルコール消毒、館内でのマスク着用のご協力をお願いしています。



今日は、パラミタミュージアム 学芸員の衣斐さんにお話を伺いました。ありがとうございました。


伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆パラミタミュージアム
◇三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6


三重県四日市市に先週の日曜日26日にオープンしたばかりの四日市柿安の姉妹店、おもてなし和牛レストラン「嘉喜家」におじゃましました。



嘉喜家は、三重県産黒毛和牛のすき焼き・しゃぶしゃぶの四日市柿安の姉妹店として、本物を提供することに加え、おもてなしにもこだわってオープンしました。


夜はすき焼きコース、しゃぶしゃぶコース、牛肉懐石、牛網焼きコースの4つが楽しめます。そして、お昼はリーズナブルに牛肉懐石のお料理が松花堂に詰まった牛松花堂、ステーキ御膳、ビーフシチュー御膳を味わっていただくことができます。






私は牛松花堂をいただいたんですが、6ツ切りの松花堂に6つのお料理が詰まっています!和牛の天ぷらやローストビーフ、ビーフシチューなどがあり、ローストビーフはきれいなピンクで柔らかくて美味しかったですし、ビーフシチューは和風の味噌味のビーフシチューで、他では味わえないこだわりのおいしさのオリジナルメニューですので、ぜひたくさんの方に味わっていただきたいです!



女将が嘉喜家で大切にしているのは、まずは感染症の対策。こんな時期でも皆さんにおいしいもので楽しんでいただこうと、入り口でみなさんに手を洗っていただくなどの対策をしっかりされた上で、おいしいお料理を提供されています。もう一つは地元の企業やお店とのコラボレーション。萩村製茶のかぶせ茶や、ことよのどら焼き、ヤマコ醤油の味噌、宮崎屋の養肝漬けの中身、とらや風月のミニ松葉など、地元のものにこだわってコラボレーションされています。さらに、器は酔月窯を始めとする萬古焼がたくさん使われていたり、お店の中にも萬古焼が飾られていることから、嘉喜家を別名"萬古の館"と呼んで、お客様に目でも楽しんでいただいています。



また、「毎日が酒蔵祭り」と銘打って、三重県内の33の酒蔵のお酒が揃えられています。入り口にはこの33の酒蔵のお酒が飾られていて、そのこだわりが表れていますので、ぜひじっくりとご覧になってみてくださいね!

柿安の伝統を大切にしながら、三重県の良いもの、おいしいものにこだわった嘉喜家。ぜひ訪れてみてください!



ご出演いただきました女将の赤塚直子さん、ありがとうございました。

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆和牛レストラン 嘉喜家
◇三重県四日市市三栄町4-10
◇TEL 059-337-8835


今日は、三重県桑名市にある、ナガシマ ジャンボ海水プールに行ってきました!
久々の快晴!最高のプール日和でした(^^)



ナガシマ ジャンボ海水プールは、ナゴヤドームのフィールド約6個分の広大な敷地に、まるで海のように波の出るプールや、世界レベルの超巨大ウォータースライダー、小さなお子さん向けの水遊びエリアまで、様々ななプールとスライダーがそろう、世界最大級のウォーターパークです。
ビッグワンスライダー、トルネードスライダー、ブーメランツイストは世界レベルの3大ウォータースライダー。



特にブーメランツイストは、青と黄色のシマシマ模様の、ナガシマジャンボ海水プールを代表するスライダー。1つのスライダーでたくさんのスライダーに乗ったかのような体験ができるそうです。最大傾斜角は68度。体感ほぼ90度で、そびえたつ壁に向かっての急上昇と急降下を味わえます!



フリーフォールスライダーは、高さ23m、最大傾斜角度60度から一気に滑走します。最高速度は60km/hと言われていて、スリルだけでいえば、ナガシマジャンボ海水プール1だそうです!
小さいお子さん連れのご家族にはスパキッズがオススメです。親子で滑れたり、可愛らしいスライダーがそろっています。



ナガシマジャンボ海水プールから北へ車で約10分のところにあるなばなの里では、明後日8月1日から、サマーイルミネーションが初開催されます。
冬のシーズンとは異なり、里の中心の池を中心に、夏の夜を彩ります。水上イルミネーションと樹木のライトアップで幻想的な天の川を演出します。夏の虫の鳴き声も聴こえてとても風情があるそうですよ(^^)
各施設とも、感染症対策をしっかりと行っています。お出かけ前に、ナガシマリゾートのホームページでご確認ください。



今日は、ナガシマリゾート 広報の熊谷さんにお話を伺いました。
ありがとうございました(^^)

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆ナガシマジャンボ海水プール
◇三重県桑名市浦安333