レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

中部電力

今日は、中部電力 本店にお邪魔しました!



中部電力では、「木を植える心を育てよう!」の考え方のもと、企業・NPO・市民のパートナーシップの場をつくることを目的に、「記念日植樹券プレゼント事業」として植樹活動をおこなっています。
お客様に1本の木を植えるきっかけをお届けすることで、自然を大切にする心が育ち、環境に配慮した行動が広がっていくことを目指しています。
今年で19年目を迎え、これまでに6万6000名を超える方と、約44万本の苗木を届けてきたそうです。
今回は、抽選で1000名様に苗木をプレゼントします。



植樹券が当選された方は、2つのプランから好きなほうを選べます。1つめは、ご自身の記念日に苗木を受け取る、または大切な人の記念日に苗木を贈るプラン。2つめは、国内で活動する植樹団体に苗木を寄付するプランです。静岡県掛川市で活動する時ノ寿の森クラブへの寄付を選ばれた方の中で、希望する方には、抽選で植樹ツアーに参加頂けます。
今年の「記念日植樹券プレゼント事業」の応募締切は、10月31日木曜日です。
ハガキもしくは中部電力のホームページからお申し込み頂けます。
ハガキの場合は、氏名、ふりがな、郵便番号、住所、電話番号をご記入の上、郵便番号461-8799 名古屋東郵便局留 中部電力 広報室「記念日植樹券」係あてにお送りください。



ウェブサイトからは、「中部電力 記念日植樹券」で検索頂き、お申し込みください。



今日は、中部電力 広報室の林さんにお話を伺いました!
ありがとうございました(*^_^*)

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



ギャラリー タンザニア フィリア

千種区東山通にあるギャラリー タンザニアフィリアにお邪魔しました。



タンザニア連合共和国は、アフリカ大陸の東に位置し、スワヒリ語を国語としています。大きさは日本の2.5倍ですが、人口は約5500万人程だそうです。




お話を伺った清水さんは、ギャラリータンザニア フィリアの代表取締役を務める他、中日タンザニア大使館 商業文化交流 中部地区 名誉代表も務められいます。

元々は、語学を学んでいた際にアラビア語やスワヒリ語に興味を持ち、スワヒリ語を学びタンザニアに魅了されたそうです。

ギャラリータンザニアフィリアでは、絵画、洋服、バッグなどの小物類なども展示販売されています。

中でも目を引くのが、ティンガティンガという絵画です。
ティンガティンガとは、1960年代末からタンザニアの当時の首都のダルエスサラーム郊外で誕生した独特の絵画スタイルです。
建築素材である正方形の合板に塗装用のエナメルペンキを使って動物達を鮮やかな色彩で描いたのが始まりです。

赤、青、黄色、緑、白、黒の6色を基本にそれ以外の中間色は自分たちで作り出すのでアーティストさんによって色味が少しずつ違うそうです。

動物達のまんまるに描かれた目がとても印象的。発色のいいカラフル色合いも特徴的。



またティンガティンガをモチーフにしたトートバッグや洋服などもとても可愛いです(╹◡╹)
実際にご覧になった皆さんからは、元気が出る!!という声も多いそうです。



今日は、清水さん、ありがとうございました。

稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆ギャラリー タンザニア フィリア
  ◇千種区東山通3-23
  ◇TEL 052-782-0906