レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

エグセファーム株式会社

今日は、名古屋市西区にある、エグセファームにお邪魔しました。
「常識を捨てたら家は広くなる」のキャッチコピーでもお馴染みですよね。




エグセファームは、希少地工法を行っている住宅メーカーです。
希少地とは、崖地と呼ばれる斜面や、三角形や台形など、いびつな形をした変形地のことです。
エグセファームでは、その変形地の特性を活かした家づくりをしており、デザイン性、利便性がとても高いんです。




希少地は、土地の価格自体が手頃のため、そのぶんの費用を家へのこだわりに使うことができるそうです。  
また、希少地工法は土地の特性を活かした建築法のため、地面を平らにならすことを極力する必要がありません。  
斜面を活かした高低差のある屋内空間や多角形の部屋など、家の中の空間を個性的に、かつ広くすることができます。

希少地を見つけるポイントを教えて頂きました。不動産サイトを見た時に、土地の情報が出てから期間が経過しているものや、いくつもの会社が同じ土地を載せている、同じエリアなのに何故かここだけは土地の価格が安く感じる場合は、希少地である可能性が高いそうです。
そういう土地は、実は交通の便が良かったり、人気のエリアにも多いため、エグセファームでは「希少地」と呼んでいます。
希少地は、ひと工夫加えることで特別な家になるそうです(^^)
新築やリフォームをお考えの際には希少地を探してみるのもいいかもしれません♪
エグセファームのホームページでは、個性的な希少地工法の事例をたくさん紹介しています。ぜひご覧下さい。



今日は、エグセファーム 代表取締役の牧田さんにお話を伺いました。
ありがとうございました!

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆エグセファーム株式会社
◇名古屋市西区枇杷島一丁目2-20
◇TEL 052-325-3578