レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

カフェ シャトンルージュ

今日は、名古屋市中区丸の内にある、カフェ シャトンルージュにお邪魔しました。

「シャトンルージュ」とは、フランス語で「赤い子猫」という意味で、店内は赤と黒を基調とした落ち着いた空間です。
都会の真ん中にあるとは思えない、静かでリラックスできるカフェです。



壁には、猫の絵画が飾られており、本棚には猫にまつわる雑誌や漫画などがズラリ。
クッションも猫柄で、猫に囲まれた気分になります(^^)
絵画は、月替わりで様々な作家さんの原画などを飾っているそうです。
カフェでありながら、アートギャラリーのようなんです。




看板猫さんが5匹いて、そのうち1匹がお店に来ています(^^)
天井の一部が透明のアクリル板のキャットウォークになっていて、猫さんが気まぐれで歩きます♪
お客さんは下からその姿を見上げることができるんです。



私の真上にも来てくれました!
肉球までしっかり見ることができて感動です(o^^o)とっても可愛いです!



メニューは、洋風ねこまんまや猫缶プリンなど、猫にまつわる食べ物も豊富です。
洋風ねこまんまは、バターライスにコンソメスープをかけて、オーナーが厳選した鰹節を乗せたもの。期間限定で天使のエビのねこまんまや、ローストビーフねこまんまも登場しています。
猫さんに触ることはできませんが、ゆっくり食事をしながら猫を眺めることができる、究極の癒し空間でした(^^)



今日は、カフェシャトンルージュ 店長の、小笠原さんにお話を伺いました!
ありがとうございました。


伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆カフェ シャトンルージュ
◇名古屋市中区丸の内1-8-39  HP丸の内ビル1階