レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

宮川商会

今日は、愛知県あま市にある、宮川商会にお邪魔しました。





宮川商会では、家屋やビルの解体、駐車場の造成、店舗の改修工事などを行っています。
解体工事は、物件や周囲の状況によって、工法を変えながら作業をしているそうです。
また、解体予定の建物と近隣の現況調査を行っています。養生の範囲、重機搬入の日程、車両の搬入経路等の確認など、安全に作業できるように事前に調査し、工事の日程が決まったら、近隣の方々へ挨拶・説明をして回っています。

他にも、有害物質アスベストの調査も事前に行っています。
建物の中にアスベストが吹き付けられていたり、屋根・壁にもアスベストを含んだ建材もあるそうです。
また、塗料や接着剤に含まれている場合もあります。
アスベストの有無は、建築年数や目視調査だけでは判断できません。
分析機関による事前調査をして、適正に処分されています。

宮川商会の皆さんは、「解体は最初の仕事」という気持ちで作業を行っているそうです。
解体するということは、建て替えや土地の売却・運用など、様々な計画の出発点であると考え、次の計画が順調に進むように、我が家を解体するような気持ちで工事に取り組んでいらっしゃいます。
後に、ご自身が関わった現場の前を通った時に新しい景色を見ると嬉しい気持ちになるそうですよ(^ ^)
素敵な考え方ですよね。



今日は、宮川商会の施行管理者 山崎さんにお話を伺いました。
ありがとうございました(*^^*)


伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆宮川商会
◇愛知県あま市方領屋敷185
◇TEL 052-442-2190