アナウンサー 一覧に戻る

ゲンカレチ 専務車掌 源石和輝

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

5.13 特別番組「春日井の中央線敷設ものがたり」 臨時列車

ナレーションを務めた特別番組
「春日井の中央線敷設ものがたり」は…


のりかえ≫愛岐トンネル群訪問(2013年)

いよいよ13日(日)15:00オンエアです!


トンネルに挟まれた定光寺駅 下は庄内川

1900(明治33)年、中央本線名古屋~多治見間が開業。
愛知岐阜県境は庄内川渓谷に沿って14のトンネルを掘りレールを敷きました。
※現在は複線電化の新トンネル。旧線は国の登録文化財に【上写真、次写真】
その際北寄りの春日井市坂下地区を通る案もありましたが“住民の反対で頓挫”
この“歴史”が半世紀にわたって春日井の子どもたちに教えられてきましたが…


出口は見つかるのか?

地元の郷土史家が調査したところ、なんと“根拠が見あたらない”ことが判明。
なぜそのような説が生まれたのか…深まる謎を探る旅が始まります。


収録には地図と時刻表と副読本を持ち込んで

ナレーションは講談師の旭堂鱗林さん前野沙織アナ、そして源石
異例の3人体制で、中央線と春日井市に潜む“伝説の正体”に迫ります。
ほかの2人と声のトーンや口調でメリハリをつけられるよう注意しつつ、
聴いてイメージを膨らませることができるよう、マイクに向かいました。
読めば読むほど「へぇ」の連発!知的好奇心をくすぐられました。
これまでの取材経験が役立つ場面もありました。


謎を解く鍵?

鉄道好きや歴史好き、地元民でなくても大いに楽しめます。
ラジオでめぐる55分間のご当地歴史紀行。ぜひご一緒に!


のりかえ≫radikoで聴取予約【ロゴをクリック】

■春日井の中央線敷設ものがたり ~昔から伝わる歴史は嘘だった?~
5月13日(日) 15:00-15:55

のりかえ≫特番のあとはこちら