POWER PLAY RUSH HOUR!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2月『RUSH HOUR ! 』 j-pop

東海ラジオ放送は毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!
「RUSH HOUR!」は月合計180回以上のO.Aを目指しています。
2月の「RUSH HOUR!」は以下の3曲を推薦!
1か月に亘り、各ワイド番組内等にてオンエアします!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1. 【ゴスペラーズ】”ヒカリ”

 from New Single 『ヒカリ』



New Single  2.21 in stores
【CD】KSCL-3039 \1,000 (+ tax)

1991年、早稲田大学のアカペラ・サークル<Street Corner Symphony>で結成。

1994年8月15日、ファイルレコードよりミニアルバム『Down To Street』をリリース。
メンバーチェンジを経て、1994年12月21日、キューンミュージックよりシングル「Promise」でメジャーデビュー。

2000年8月リリースのシングル「永遠(とわ)に」、10月12日リリースのアルバム『Soul Serenade』が、記憶に残るロング
セールスを記録しブレイク。

2001年3月7日リリースのシングル「ひとり」が、アカペラ作品としては日本音楽史上初のベスト3入りとなる。

2001年6月6日にリリースされたラヴ・バラードのコレクション・アルバム『Love Notes』が大ヒット。ミリオン・セールスを
記録する。以降、「星屑の街」「ミモザ」など多数のヒット曲を送り出す。

2004年11月17日には、デビュー10周年を記念した初のベスト・アルバム『G10』をリリース。
また、他アーティストへの楽曲提供、プロデュースをはじめ、ソロ活動など多才な活動を展開。
日本のヴォーカル・グループのパイオニアとして、アジア各国でも作品がリリースされている。

2014 年12 月17 日には、デビュー20 周年を記念したベスト・アルバム『G20』をリリース。オリコン初登場2 位を獲得。
全66公演ゴスペラーズ史上最多公演数の全都道府県ツアー「ゴスペラーズ坂ツアー2014~2015 “G20”」を大成功におさめた。


--------------------------------------------------
『promoter's comment』



■Sony Music Labels
 久泉雄一郎さん 

ゴスペラーズの記念すべき50枚目のシングルは、16年振りに世界的プロデューサーとタッグを組んだスウィートなラブバラード!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


2.【半﨑美子】”明日への序奏”

from New Single 『明日への序奏』



New Single  2.21 in stores
【CD】CRCP-10389  \1,111 (+ tax)

北海道札幌出身。

大学在学中に音楽に目覚め、大学を中退し単身上京、パン屋に住み込みで働きながら曲を書き続ける。
独特の泣いているような声を持ち、毎日を懸命に生きる人々を、自分自身と向き合う心を、誰もが胸の奥にしまってある
大切な気持ちを、全身から絞り出すように歌う。

圧倒的なライブパフォーマンスと、人一倍の行動力により、ライブのみの活動で全国にファンを増やし続け、これまで
どこにも所属する事な く、個人で赤坂 く、個人で赤坂 BLITZの単独公演を3年連続大成功、 SOLD OUTさせる。

全国のショッピングモールで出会った家族や子供連れのファンも多く、とくに札幌の両親への想いを歌にした「永遠の絆」
やとあるショッピングモールで出会った家族からの手紙をきっかけに作った「明日へ向かう人」は、歌うと会場のどこかで
必ず涙を流す人がいる。


-------------------------------------------------
『promoter's comment』



■日本クラウン
 田賀英樹さん

ショッピングモールの歌姫・第二章

ショッピングモールでイベントを行えば、お客以上に泣いてしまう、半﨑美子。
シュッピングモールの歌姫というよりも、むしろ、泣きの女王?いや、泣き虫な歌姫!

2017年・4月に、「うた弁」でメジャーデビューするやいなや、瞬く間に多くの人々の支持を受け、お陰様で年末には、
第50回日本有線大賞・新人賞を受賞致しました。

聴く人の心に寄添う楽曲で、世代を超えたいろいろな方に愛され、2017年デビューのアーティストで最も輝いていた
のではないでしょうか。

表題曲「明日への序奏」は、未来への不安や焦りを持つ人々の背中をそっと押し、人生の助走を続ける人達に贈る、
未来への賛歌とも言える作品です。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


3.【松室政哉】 ”きっと愛は不公平 ”

from 2nd EP 『きっと愛は不公平』 



2nd EP 2.21 in stores
【CD】UMCA-10055 \1,500 (in tax)

小学生の頃、カセットテープから流れたサザンオールスターズに感銘を受け、おもちゃのピアノで作曲を始める。
中学から本格的に音楽活動を開始。「インディカ29」のボーカルとして”TEEN‘S MUSIC FESTIVAL”の全国大会に出場。
後、バンドは解散。
高校からはシンガーソングライターとして活動を始め、”閃光ライオット”のファイナリストに。

2013年、オフィスオーガスタに見出され、2014〜2015年はオープニングアクトとして、
2016年からは先輩アーティストと名を連ねメインアクトとして”AugustaCamp”に出演。

インディーズ時代から数々のタイアップに抜擢され注目を集め、2017年11月1日にAUGUSTA RECORDS / ユニバーサル
ミュージックよりEP「毎秒、君に恋してる」で遂にメジャーデビュー。

毎週土曜日26時~東海ラジオにてレギュラー番組「松室政哉のタワゴト」オンエア中


-------------------------------------------------
『promoter's comment』



■UNIVERSAL MUSIC
 伊藤香織 様

こんなにも失恋の感情をリアルに曝け出されると、共感を通り越してこちらも心が動揺してしまいます(笑)

聴く人をそれほどまでに世界観に引き寄せてしまうのは、映画好きな松室政哉が、音楽と言葉で映像も浮かび上がらせて
しまうからなのでしょうか。

悲しくて切ないロックバラード、是非ご堪能ください。
そして今回、ミュージックビデオは自身が監督を務めました。
こちらも是非楽しみにして頂けたらと思います。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆