アナウンサー 一覧に戻る

安蒜のどうってこともないけどさ・・・

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

沖縄へおっさん一人旅 3

2020年1月6日から10日までの休み期間は、沖縄へおっさん一人旅。3泊4日。  

修学旅行での飛行機利用NGだったため、いわゆる「おとなの修学旅行」に。  
インスタ映え、スイーツとロマンスは一切無関係。



この日は、名護市辺野古にある米軍キャンプ・シュワブへ。
那覇市中心部から、クルマで1時間半ほど。
このちょっと前には、反対する人たちがシュプレヒコールを挙げていた。
ゲートからは、次々とダンプが出て行った。
「粛々と」というのはこういうことなのか・・・・・



辺野古から本島を横断し、本部半島の北部にある「今帰仁城跡」へ。
「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された名城。

曇り空のもと、一人風に吹かれて 地形を利用した城壁の曲線に見とれる。
美しいと心から思った。


城跡の入り口に、またネコ。
沖縄の名所には、ネコが多いのかな?



道の駅で腹ごなし。
もずくの天ぷらをつまむ。
テイクアウトで、おやつやつまみに。


地元のおばさんが食べているのを見て、タコス。
手軽で、見た目ボリューミーなので満足満三。
しかし、野菜が多いのでもたれることもなく、夜の飲み会に響くことはなかった。



ニュースでよく見るアングルの米軍普天間基地。
オスプレイの編隊が駐機中。
本当に基地の際まで住宅地。
「世界一危険」といわれるのは当然だ。
絶えず不快なアイドリング音が低く重く響いている。


普天間基地を一望できるのが、嘉数高台公園の展望台。
かつて日本軍がトーチカを設置した激戦地とのこと。

この公園も住宅地のど真ん中。
背後で遊ぶ楽しそうなこどもたちの声が聞こえる。
サッカーボールだけど、「ラグビーやろうよ!」なんて言っている。



夕方、帰宅を急ぐ渋滞交差点。
信号待ちをしていたら、普通のヘリとは違う変な飛行音。
頭上には、基地に帰還するオスプレイ。
日常の光景なんだろう。

沖縄本島の4分の3をドライブして感じたのは、とにかく基地の多さと広さ。
基地があるので、向こう側に行くのにとんでもなく迂回しないといけない。
これがなくて、まっすぐ行ければ、どんなにアクセスや街づくりが良くなるのだろう。
そして、頭上の轟音。

おっさん一人旅 沖縄編 2

2020年1月6日から10日までの休み期間は、沖縄へおっさん一人旅。3泊4日。

修学旅行での飛行機利用NGだったため、いわゆる「おとなの修学旅行」に。
インスタ映え、スイーツとロマンスは一切無関係。



この日はレンタカーで南部へ。
まずは、「ひめゆりの塔」。
犠牲になった女学生たちの写真が、自分の娘とオーバーラップする。



車を走らせていると、突然「ジョン万次郎上陸の地」という案内板発見。
糸満市大度浜。
サトウキビ畑を抜けると、故郷・高知を指さすジョン万次郎像。
漂流の後、アメリカから帰国しようとした万次郎が日本に上陸したのが、この地だそうだ。
18年に記念碑ができたそうだが、国道沿いの看板がなければ気がつかなかった。
私もよく気が付いた。ボーッとしてたらスルーしてしまうくらい控えめ。

昔から、万次郎や大黒屋光太夫のような漂流者に魅かれるんだな。
今も漂流中なのかもしれない。




そして、よくニュースに出てくる平和祈念公園へ。
静かに祈る場所なのだが、米軍ヘリが飛んできた。
お構いなしだ。




海岸沿いにさらに走り、知念岬。
登る月と沈む夕日の間に立つ。
ずっといたかったが、風が強く寒いので撤収。



そして、またネコ。
いいところに住んでるなぁ~、キミは。

おっさん一人旅 沖縄編 1

2020年1月6日から10日までの休み期間は、沖縄へおっさん一人旅。

修学旅行での飛行機利用NGだったため、いわゆる「おとなの修学旅行」に。
インスタ映え、スイーツとロマンスは一切無関係。


午後到着後。すぐに首里城へ。
「ゆいレール」利用で、
那覇中心部から簡単アクセス。


10月31日未明の火災で、
重要部分が焼失した首里城。
痛々しく無残な姿。
イベント準備中での火災。
照明かPA用のイントレが見える。

にぎやかなグループ客も、
焼け跡を前にして黙り込む。
こらえながら涙する若い女性客も。


市内大型書店店頭には、
琉球新報社「甦れ!首里城 報道写真と記事でたどる歴史」が、ディスプレイ。
城そのものの歴史や沖縄戦による焼失からの復興のいきさつ、
かつての壮麗な姿や火災の状況が、地元紙の詳細な記事と写真でつづられている。
すでに復興に向けての動きが始まっている。


守礼門は健在。


首里城隣、県芸術大学の脇の地元?ネコ。
警戒心なし。


野生の勘で飛び込んだ第一牧志公設市場近辺の居酒屋が大当たり!
名古屋勤務経験ありの常連客やスタッフと和んだあと。
シメにステーキ200g、23時。
『沖縄ではシメにステーキ』は本当だった!!!

翌朝の目覚めは、快調。
ステーキいいかも。

2020年 ごあいさつ

あけましておめでとうございます。

いつも早朝から「きょうもよろしく」をお聞きいただきありがとうございます。  

毎朝、驚くほどに多くのリスナーさんからお便りをいただいています。
その文面の多くで「早朝からお疲れ様」「生放送ありがとう」という言葉をいただいています。
自分のやるべき仕事をしているだけなのに、
こんなに「ありがとう」と言っていただけるとは、なんと幸せな男なんでしょう。
このような言葉、 「厚意のプレゼント」に、こちらこそ感謝です。

さて、1月6日(月)から10日(金)は、お休みをいただきます。  
「きょうもよろしく」は、先輩の原光隆さんが登場します。  
原さん独特の、穏やかながら毒が効いたトークをお楽しみください。
そして、いつも以上にメッセージなどをよろしくお願いします!!!  

安蒜はニュースに出てくるあの場所へ、  充電と見聞を広めるためにオヤジ一人旅に出かけてきます。

幻のワールドカップ


日本代表の大活躍で、一気に国民的関心事となったラグビーワールドカップ。
古くからのファンとしては、夢心地です。

しかし、ままならぬもの。
台風19号のために中止となった豊田スタジアムでのNZ-イタリア戦。
豪華なチケットが切ない光を放っています。
生のハカとオールブラックスの雄姿、立ち向かうアズーリを楽しみにしていたのに・・・

やはり中止となった釜石のゲーム。
釜石のファンは、もっと悔しかったでしょう。

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」
もう一度、見たい。体感してみたい!
おそらく大成功に終わるであろうこの日本大会。
再招致しましょう。