アナウンサー 一覧に戻る

ゲンカレチ 専務車掌 源石和輝

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

モルゲン実録 シーズン1 リバイバル運転「モルゲン実録」

■シーズン1 2010年4月5日-10月1日
※肩書は当時、敬称略


2010年4月5日(月)
第1回放送。月〜金曜6:30-9:00。第一声は「起きろ!」。
主なコーナーはモルゲンコール、情報モルゲン(20分毎7回)、
飛び出せモルゲン、くらべるモルゲン、モルゲンジャーナル、
今日のひとりごと、モルゲンかわら版、カフェ・ドゥ・モルゲン。

パーソナリティは源石和輝、アシスタントは佐藤友香。
出せモルレポーターに山口由里、角田智美、福本晋悟。
(いずれも東海ラジオアナウンサー)


2010.4.5 第1回放送(左から佐藤、源石)

4月6日(火)
カフェに初ゲスト、杉ちゃん&鉄平(現スギテツ)。
彼らの「NAVY BOSSA(軍艦マーチ)」がコーナーテーマに。
杉ちゃんこと杉浦哲郎、その後番組最多出場を果たす。


2010.4.6 初ゲスト杉ちゃん&鉄平

5月4日(火祝)
加藤登紀子、カフェ来店(6日まで)。源石、Twitterで相互フォロー。
Twitterを活かした番組作りが盛んに。

5月25日(火)
みうらじゅん、カフェ来店(27日まで)。本物のカフェで収録。

6月1日(火)
「モル↑ゲン」事件。佐藤、番組名アクセントを間違える。
以後、毎月1日は「モル↑ゲンの日」に。
松任谷由実、カフェ来店(3日まで)。


2010.6.1-3 松任谷由実カフェ来店

6月2日(水)
「ハトヤメ」事件。佐藤、ニュースで鳩山総理をハトヤメと誤読。
同日昼、鳩山が辞意表明。“デス噛み”“言霊番組”と呼ばれる。

6月11日(金)
モルゲンジャーナルにJAXA(宇宙航空研究開発機構)の大西貴史。
小惑星探査機「はやぶさ」帰還を前に。以後はやぶさブーム起きる。
大西は源石の中学高校時代の同級生。

6月15日(火)
サッカーW杯南アフリカ大会日本代表のハイライト、放送開始。
渡辺美里、カフェ来店(17日まで)。

6月26日(土)
東海中学高校で番組初の講演会「裏モルゲン!!」。
火曜ジャーナル高野孟さんと初の飲み会。


2010.6.26 講演会「裏モルゲン!!」

6月28日(月)
東国原宮崎県知事の秘書兼一番弟子、早川伸吾がスタジオ乱入。
そのまんま東時代や知事生活の裏話を語る。以後準レギュラーに。

7月11日(日)
源石と佐藤、参院選特番(通称「選挙モルゲン」)の司会務める。
与党民主党が惨敗し、衆参ねじれ現象が顕著に。

7月13日(火)
秋川雅史、カフェ来店。

7月23日(金)
源石、「給料は口止め料」発言。

7月26日(月)
肛門を締める「モルゲン体操第一」初披露。体操は後にコーナー化。

7月27日(火)
小錦八十吉、カフェ来店(29日まで)。揺れる大相撲名古屋場所を語る。

8月16日(月)
夏休みスタジオ見学を実施。18日と合わせ6組19人が来訪。

8月19日(木)
佐藤休暇に伴うアシスタント選挙告示。角田、山口、福本が立候補。
投票の結果角田が3日、山口が2日アシスタントを務めることに。

8月20日(金)
第100回放送。


2010.8.20 第100回放送(左は角田)

9月6日(月)
初の代打週間(10日まで)。初日に山口朝寝坊、すっぴんで出勤。

9月9日(木)
「硬くて大きい」事件。代打角田、弟の柔道着を評してポロリ。
このころから喋り手の失言がその日のうちにジングルになる。

9月28日(火)
カフェを「居酒屋もるげん」に改装(30日まで)。名古屋の居酒屋本紹介で。

9月30日(木)
愛知国際放送RADIO-i、民放初の閉局。
角田、局舎前からの中継に臨むも場所が分からず助けを求める。

10月1日(金)
飛び出せモルゲン終了。角田、山口がレギュラー降板。
これに伴いシーズン1終了。