アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『サヨナラ勝ちで10連勝!』 日々

ドラゴンズ二軍、10連勝をかけてのきょうのバファローズ戦でした。優位に試合を進めていましたが、8回表に追いつかれ、引き分けを覚悟しました。しかし9回裏、先頭の渡辺勝選手が二塁打。さらに藤井淳志選手が安打で無死1、3塁。「おっ、サヨナラ勝ち来るかっ!」と期待すると、石岡諒太選手のレフトフライで三塁走者・渡辺選手が本塁を突くもタッチアウト。二死二塁になり、「ここまでか」と思いました。続く打者は桂依央利選手。レフトポール際へサヨナラホームランかというような大飛球がわずかに切れてファウルになり、再び「ここまでか」と。いやいや、終わりませんでした!



正に打ち直し。桂選手の打球が外野へ抜けてサヨナラ勝ち。10連勝です! サヨナラ勝ちで10連勝なんてカッコ良すぎます。鳥肌が立ちました。



勝利の笑顔、しかもサヨナラ勝ちの興奮冷めやらぬ中です。最高ですね。



桂選手だけでなく、きょうも根尾昂、石川昂弥、岡林勇希、橋本侑樹、アリエル・マルティネス選手、渡辺勝、佐藤優選手など若手選手が見せ場たっぷりの大活躍でした。楽しかった!



試合後はしっかりミーティングを行なってあした以降に備えます。



どこまで連勝が伸びるのか。仁村徹二軍監督は「ファームなので連勝は関係ない」と話しましたが、「スタッフみんなが協力して、目的をはっきりしてさせてやっている成果じゃないかな」とも。連勝もそうですが、ドラゴンズの未来が楽しみです。