アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『横尾忠則展』 日々

きょうは休憩時間に愛知県美術館へ行ってきました。個展『GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?』です。横尾忠則さんといえば派手な色使いの個性的な作品というイメージでしたが、この展覧会ではデザイナー時代のポスターも展示されていました。



横尾忠則の作風の変化や幅の広さに、しばし見とれてしまう時間を過ごすことができました。




新型コロナウイルスが世界を覆う中でも、横尾忠則は新しいチャレンジを続けています。それが下の写真のような「自身の描いた人物などにマスクをコラージュした作品」をネット上に投稿し続けています。これは米大リーグ・大谷翔平選手ですね。



84歳という年齢など関係なく、時代時代に即した新しい表現を求め続ける横尾忠則。何歳になってもチャレンジ、挑戦、現状打破、です。

2フロア降りて、今度は「遊美塾・名古屋 写真展」へ。



カメラを持って出かけたくなるような、撮りたくなるような素晴らしい作品がたくさん並んでいました。

ん…んんん?



作者「成田香織」?

元東海ラジオアナウンサー・成田香織さんじゃないですか!



もちろん作品が展示されていると知っていたのですが(笑い)、素晴らしい写真でした。

ちなみにインスタグラムのフォロワー23.4万人(2021.03.04現在)で、「自撮りばあちゃん」として有名な92歳・西本喜美子さんの自虐的な作品も。



「横尾忠則展」も素晴らしいですが、こちらの写真展にもぜひ足をお運びください。