アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『初めてのPCR検査』 日々

きのう昼、こんなのぼりを発見しました。「新型コロナウイルス感染症 街頭PCR検査 実施中」の文字。9月14日から名古屋市の繁華街で、愛知県内在住、あるいは通勤、通学している人をを対象に、無料のPCR検査を実施しているということは知っていました。その会場が、偶然、私の目の前にありました。ちなみに希望者が殺到して密にならないように、検査場所は公表していません。テントによる移動式です。



ちなみに私は、いままでPCR検査を受けたことがありません(抗原検査は一度、受けています)。アナウンサーという職業柄、「受けたことがない」というと驚かれますが、今までその機会がありませんでした。さあ、受けてみようかどうしようか。特に体調に問題はありません。大丈夫だと思いますが、もし検査の結果が「陽性」だったら怖いな…という気持ちも拭えません。迷いましたが、せっかくの機会です。受けてみました。

所要時間は20分程度。きのう午後1時、待ち人数はゼロ。私のほかに検査中の方が2人くらい。メールアドレスなどを登録後、すぐにPCR検査を受けることになりました。大きな綿棒のようなものを、舌の下に入れて待つこと3分。これだけ。検査結果はメールで届きます。

そしてきょう午後2時29分。結果が届きました。メールの文面に【「陽性の疑いあり」であった場合は】とあり、その文字が目に飛び込んできたときには声が出そうになりました(笑い)。「あった場合は」ね。無事に「陰性」でした。



とりあえずひと安心です。でも、気を緩めることはできません。これからも十分に注意しながら、自分の行動を律していきたいと思っています。