POWER PLAY  RUSH HOUR!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2022年6月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!6月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 ゴスペラーズ 
 
『 Keep It Goin' On feat.Penthouse 

 



7.6 Release  『The Gospellers Works 2』KSCL-3379  2680円

アーティストプロフィール



ゴスペラーズ

北山陽一、黒沢 薫、酒井雄二、村上てつや、安岡 優からなるヴォーカルグループ。 1994年12月21日、キューンミュージックよりシングル「Promise」でメジャーデビュー。 以降、「永遠(とわ)に」「ひとり」「星屑の街」「ミモザ」など多数のヒット曲を送り出す。 他アーティストへの楽曲提供、プロデュースをはじめ、ソロ活動など多才な活動を展開。 日本のヴォーカル・グループのパイオニアとして、アジア各国でも作品がリリースされている。 2021年3月には、アカペラのみで構成されたオリジナルアルバムとしては実に18年振りとなる 「アカペラ2」を発売し話題となった。 2022年4月から33都市36公演をめぐる全国ツアー「ゴスペラーズ坂ツアー2022 “まだまだいくよ”」 を開催する。


『Promoter's comment』 ソニー・ミュージック 高島サン



ゴスペラーズがこれまでに提供した数々の名曲を収録した初のセルフカバーアルバム!

今回はその中でも三浦大知さんへ楽曲提供した「Keep It Goin’ On feat.Penthouse」をピックアップします。

今話題の6人組ツイン“リード”ヴォーカル・バンドPenthouseも参加し、楽曲を豪華に彩ります!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 
【 the shes gone 】
 栞をはずして  』
 


5.25 Digital Release UKCD-1207

■アーティストプロフィール


the shes gone(シーズゴーン)

2016年春、結成。優しく甘い歌声と誰もが感じたことのある恋愛の儚さや切なさが表現された歌詞が最大の魅力であり、“そっと寄り添う”バンドアンサンブルで歌詞の情景を表現した3人組ロックバンド。 YouTubeで公開されているMVは、総再生回数4,000万回を突破しており、さらにZepp DiverCity, 中野サンプラザ, 豊洲PITなどで、ワンマンライブ開催。若者中心に絶大な人気を集めている。


 

■『Promoter's comment』    UK PROJECT 駒形さん



デビューわずか3年でサブスク総再生回数1億回を突破、中野サンプラザ、Zepp DiverCity、豊洲PITでのワンマンライブをこなし、今年の夏には、日比谷野外音楽堂・大阪城音楽堂でのワンマンライブが開催決定するなど、ものすごい勢いで全国にリスナーを増やしているthe shes gone(シーズゴーン)。

今回の楽曲は自分の過去の痛みに向き合った楽曲。進めずにそこで止まっていた物語は栞をはずしてまた続いていく。進んでいく。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2022年5月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!5月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 さらさ 
 
『  Amber  』

 



4.13 Release 1st EP『ネイルの島』 ASTL-1001 ¥2.200

アーティストプロフィール



さらさ

湘南出身、弱冠23歳のシンガーソングライター。
湘南の“海風”を受け自由な発想と着眼点で育ってきた。
音楽活動だけに留まらず美術作家、アパレルブランドのバイヤー、フォトグラファー、フラダンサーとマルチに、そして自由に活動の場を広げている。悲しみや落ち込みから生まれた音楽のジャンル“ブルース”に影響を受けた自身の造語『ブルージーに生きろ』をテーマに、ネガティブな感情や事象をクリエイティブへと転換し肯定する。そこから創り出される楽曲は、ジャジーなテイストを醸し出しソウル、R&B、ROCKあらゆるジャンルを内包しALTERNATIVEな雰囲気を纏い、聴く者を圧倒する。どこかアンニュイなメロディの楽曲と、憂いを帯びた歌声は特にライブ(生演奏)でその力を発揮し、見るものを虜にする。
SNSメディアを中心に、書籍・映画等あらゆる展開を続ける体験投稿サービス”純猥談”への楽曲提供や、既存のパッケージに囚われず、完全DIY、完全ハンドメイドで作成したCDは手売りのみという状況の中、音楽関係者や“耳年増”なリスナーの目に留まり、若い世代を中心に注目を浴びている。


『Promoter's comment』 ASTERI ENTERTAINMENT 佐藤さん



Z世代を代表する湘南生まれのシンガーソングライター“さらさ”の1st EPがついに発売!
さらさの非凡な才能が垣間見れる全6曲!中でもリードトラックの「Amber」は90’s R&Bを彷彿させる印象的なトラックと、ネオシティーポップを呑み込んだ”さらさ”の強烈な個性がマッチした傑作。10代〜全世代のオーディエンスへ響くノスタルジックな印象のフロウが、都会の夜に切なく溶けていきます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 
【 Haruy 】
 Swimmer  』
 


4.20 Digital Release

■アーティストプロフィール



Haruy(ハリー)

東京を拠点に活動する神奈川県出身のシンガーソングライター。2000年生まれ、現在21歳の大学生。中高時代に軽音楽部に在籍し、Tastyという3ピース・バンドを結成。Ba.&メインVo.とソングライティングも担当。同年7月EP『Weep』をリリース。2022年4月プロデューサにHayata Kosugiを迎えソロ・デビュー。本作品は、Hayata KosugiがHaruyが歌うことをイメージして描き下ろした楽曲で、この作品がきっかけとなり2人での制作がスタート。Haruyの浮遊感のあるボーカルが小気味良く響くロマンティックなダンス・トラック。


 

■『Promoter's comment』    SPACESHOWER NETWORK 伊藤さん



独特のグルーヴ感と瑞々しい歌声を持つシンガーソングライターHaruy(ハリー)デビュー・シングル。
プロデューサーにSuchmosのベーシスト、HSUことHayata Kosugiを迎えコライトした楽曲。
Haruyの浮遊感のあるヴォーカルとしなやかにハズむ極上のベースラインが心地良いチル・ミュージック!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2022年4月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!4月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 Penthouse 
 
『  流星群  』

 



4.8 release Major 2nd Digital Single


■アーティストプロフィール

浪岡真太郎(Vo/Gt)、大島真帆(Vo)、Cateen(Pf)、矢野慎太郎(Gt)、大原拓真(Ba)、平井辰典(Dr)による6人組ツイン“リード”ヴォーカル・バンド。大学時代に所属したバンドサークル「東大POMP」のOBである現メンバーが、ヴォーカルの浪岡を中心に集まり2019年6月より活動開始。これまでオリジナル楽曲に加え、アレンジを施した様々なジャンルのカバー動画をYouTubeにて公開。

2021年5月に配信リリースされたオリジナル楽曲「...恋に落ちたら」はiTunes Store R&Bランキング1位、Spotifyバイラルチャート6位を獲得。2022年1月には、オーディオストリーミングサービスSpotifyが選ぶ2022年に飛躍が期待される注目の国内新進アーティスト「RADAR: Early Noise 2022」に選出されるなど、各方面から注目を集めている。


『Promoter's comment』   ビクターエンタテインメント 田中美貴さん



昨年11月にメジャーデビューを果たした、6人組ツイン”リード”ボーカルグループ・Penthouse (ペントハウス)。
東海テレビ制作の土ドラ「クロステイル 〜探偵教室〜」の主題歌として書き下ろした本楽曲「流星群」は、Vo&Gt.浪岡が「挫折に立ち向かう人の背中を押す曲であり、必ずその姿を支えてくれる人がいる」というメッセージを歌詞に込めたという、爽やかな風が吹き抜ける、珠玉のポップチューン!
 
今年の「TOKAIRADIO ONE ARTIST 2022!」にも決定している1曲です!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 
【 緑黄色社会 】
 S.T.U.D  』
 


1.26 Release NEW ALBUM『Actor』(ESCL-5625)に収録


■アーティストプロフィール

愛知県出身の4人組バンド。愛称は“リョクシャカ”。2012年に高校の同級生である長屋晴子、小林壱誓、peppeと、小林の幼馴染・穴見真吾によって結成。

長屋晴子の透明かつ力強い歌声と、個性・ルーツの異なるメンバー全員が作曲に携わることにより生まれる楽曲のカラーバリエーション、ポップセンスにより、同世代の支持を多く集める。


 

■『Promoter's comment』    ソニー・ミュージックレーベルズ 久泉雄一郎さん



「2022ガッツナイターテーマソング」となる新生立浪竜を後押しするのに相応しい楽曲です。
All for Victory!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2022年3月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!3月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 安全地帯 
 
『  愛の戦友  』

 



2.25 release  日本コロムビア COCA-17941 \1.650


■アーティストプロフィール

  • 玉置浩二(たまき こうじ):ボーカル、ギター
  • 矢萩渉(やはぎ わたる):ギター
  • 武沢侑昂(たけざわ ゆたか):ギター
  • 六土開正(ろくど はるよし):ベース、ピアノ、キーボード
  • 田中裕二(たなか ゆうじ):ドラムス

井上陽水のバックバンドを経て、1982年にデビュー。 翌1983年に「ワインレッドの心」が大ヒット。「恋の予感」「悲しみにさよなら」などヒット曲を連発し、80年代の音楽シーンを席巻。

安全地帯デビュー35周年記念イヤーである2017年の5月には初のオールタイム・ベストアルバム『ALL TIME BEST』を発表。そして11月23日24日には『安全地帯ALL TIME BEST「35」〜35th Anniversary Tour 2017〜』日本武道館2DAYS公演、そして12月9日には『ANZENCHITAI ALL TIME BEST 35TH ANNIVERSARY TOUR 2017 LIVE IN HONG KONG』香港アジアワールド・エキスポ公演を開催し成功させた。


『Promoter's comment』

   日本コロムビア 水野ゴルフ誠さん



デビュー40周年の同日2月25日に、2011年8月「結界/田園」以来、約11年振りとなるシングル「愛の戦友」をリリース。40周年イヤーの本年は、玉置浩二ソロ活動に加え安全地帯の活動を再開致します。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 
【 竹内アンナ 】
 手のひら重ねれば  』
 


3.2 Release 2nd FULL ALBUM『TICKETS』に収録


■アーティストプロフィール

1998年4月25日、アメリカ・ロサンゼルス生まれ日本・京都出身。
ポップミュージックを基盤にしつつ、その世代や生い立ちからジャンルに捉われない解釈、卓越されたギタープレイで熱心な音楽ファンから、また同世代のアイコンとしても注目されているシンガー・ソングライター。
自信の活動以外にもKinKiKidsや伊藤美来、菅沼千紗、UNCHAINなどへの楽曲提供やテレビCM歌唱などもおこなっている。アコースティック・ギターにスラッピングを取り入れたプレイスタイルと、透明感のある歌声が各所話題になり、2018年アメリカ・テキサス州オースティンで行われた大型フェス「SXSW 2018」に弱冠19歳で出演。合わせてニューヨークからサンフランシスコまで、全米7都市を回る「Japan Nite US tour 2018」にも参加。
帰国後、地元関西限定で急きょCDをリリース、表題曲「alright」が全国のラジオ局で大プッシュされ、同年8月8日にテイチクエンタテインメントより4曲入りE.P『at ONE』でメジャー・デビュー、収録曲「ALRIGHT」の勢いは更に加速し全国22ヶ所のパワープレイを獲得。2020年3月18日に待望の1st ALBUM『MATOUSIC』をリリース。収録楽曲「RIDE ON WEEKEND」はWOWOWオリジナルドラマ「有村架純の撮休」主題歌としても話題になった。
10月7日に4枚目となるE.P『at FOUR』を発売。J-WAVE「TOKIO HOT 100」CM楽曲「Love Your Love」、イギリスのR&BバンドMamas GunのフロントマンAndy Plattsとの共作「Striking gold」、フジテレビ系列「セブンルール」インフォマーシャルソングであり、FM802の10月度ヘビーローテーション楽曲「+imagination」などが収録されている。2021年4月より全国13ヶ所26公演のツアーを開催。各地で完売が続く中、同時に過去の楽曲をアコースティックでセルフカバーし3作連続配信をした。デビュー3周年の8月8日に「ICE CREAM.」、11月10日にはヒップホップバンド、AFRO PARKERとのコラボ楽曲「Now For Ever (with AFRO PARKER)」を発表。
2022年3月2日には2年ぶりとなるフルアルバム『TICKET』がリリースされる


 

■『Promoter's comment』

   テイチクエンタテインメント 伊藤真一郎さん



デビュー時に東海ラジオのレギュラー番組でもお世話になった、シンガーソングライター「竹内アンナ」の2枚目のフルアルバム「TICKETS」。こちらは「聴いてくれた人をいろんな場所・時間に連れて行く。あなただけの素敵な旅路のチケットになりますように。」という竹内の思いが詰まった作品になっています。
その中のリードトラック「手のひら重ねれば」は 「解り合えないことがあっても 分け合うことはできる」という歌詞がとても印象的で、それぞれに「違い」がある事に寛容でいたいなと感じさせる楽曲です!!
是非、竹内アンナの歌詞の世界もご堪能ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2022年2月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!2月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 odol 
 
『  望み  』

 



1.26 Release Digital Single UKCD-1201 255


■アーティストプロフィール

odol 

福岡出身のミゾベリョウ(Vo.)、森山公稀(Pf./Syn.)を中心に2014年東京にて結成。ジャンルを意識せず、自由にアレンジされる楽曲には独自の先進性とポピュラリティが混在し、新しい楽曲をリリースする度にodolらしさを更新している。近年は、アース製薬「温泡」、映画「サヨナラまでの30分」、UCC BLACK無糖、radiko、森永乳業、JR東海など、様々な企業やクリエイターからオファーを受け、立て続けに書き下ろし楽曲を提供している。東京藝術大学出身の森山公稀が全楽曲の作曲を担当。ソロ名義ではNetflix映画『彼女』の劇伴、アイナ・ジ・エンドのサウンドプロデュース、CM音楽制作なども行なっている。


『Promoter's comment』 UK.PROJECT 駒形めぐみサン



深津絵里さんが出演するJR東海のTVCM「会うって、特別だったんだ。」に書き下ろした楽曲。歌詞は、コロナ禍を経て再確認した、直接会うことで生まれる喜びやかけがえのなさが表現されています。そんなあたたかい感情が溢れてくるような、優しく美しいメロディー。そしてストリングス、アコースティックギターといった生楽器の豊かな響きを中心にしたサウンドで彩ります。

CMの心が解けていくような映像と共に、大切な誰かに想い馳せながら聴きたい楽曲です。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 
【 Ovall 】
 It‘s all about you feat. SIRUP  』
 


1.19 Digital Release OPDS-1035 250


■アーティストプロフィール

Ovall: Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴによるトリオバンド。
メンバー全員がソロアーティスト/ミュージシャン/プロデューサーとしても活動するマルチプレイヤー集団。
2006年から現メンバーでの活動を本格化、現在に至るまでジャンルよりもミュージシャンシップを軸に置く姿勢を貫く。ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ロックを同列に並べ、生演奏もサンプリングもシームレスに往復し、楕円(オーバル)のグルーヴの中に音を投げ込む。その斬新なスタイルと唯一無二のサウンドは徐々に時代を吸い寄せ、国内外の映像作家、映画監督、そして様々なアーティストからプロデュースやコラボレーションの依頼が殺到。それぞれがソロ活動を活発化させるが、個々が多忙を極めたことが諸刃の剣となり2013年にバンド活動を休止、それぞれの表現を追い求め始める。しかし「この3人ならではのアンサンブルが聴きたい」という要望が絶えず、メンバーもその思いに応える形で、4年の歳月を経て2017年に再始動。直後よりFUJI ROCKなど国内の大型フェスに出演、そして世界中のアーティストとのコラボレーションや海外でのライブツアーも行う。ソロ活動で培ったスキルやノウハウをお互いに持ち寄り、今日もバンドは楕円を描きながら転がり続ける。


 

■『Promoter's comment』 origami PRODUCTIONS  吉永 涼さん



2022年、遂に Ovall × SIRUPのコラボが実現!
グルーヴィーな歌とラップで聴く者の心をわし掴みにしてきたSIRUPと、楽器で唯一無二のグルーヴを紡ぎ出してきたOvall。それぞれのフィールドでグルーヴを追求してきた最強の二組がタッグを組み、新しい時代の幕開けにふさわしいコラボソングが誕生。同じシーンでお互いリスペクトし合いながらも接点がなかった二組がようやく音を重ね合う!
心も身体も自然と躍り出したくなる、最高峰のグルーヴミュージックをお楽しみください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆