レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

椿大神社

三重県鈴鹿市にある椿大神社におじゃまして、七五三のお詣りについてお届けしました。



日本人は誕生してから生涯を通して、成長段階の節々に置いて神様のご加護に感謝の真心を捧げ、さらなるお守りを願う人生儀礼を行なってきました。その1つが七五三詣りです。お子さんが健康で育ちますようにと、3歳、5歳、7歳の年に、家族揃って神社にお詣りをするのが七五三詣りの由来だそうです。  

今年は平成31年生まれの男の子と女の子が3歳の髪置きの儀として、平成29年生まれの男の子が袴着の儀として、平成27年生まれの女の子が帯解きの儀としてお詣りします。

椿大神社でのご祈祷は朝8時30分から夕方4時30分まで行っていて、予約はいりません。御祈祷料はひとり3,000円からで、千歳飴やお守り、お菓子、絵本や自由ノートが授与されます。    

わたしも知らなかったんですが、諸説ありますが、千歳飴は江戸時代より授与されていたと言われているそうです。細く長くなっていて、紅白の色が付けられています。袋にも鶴や亀、松竹梅の絵が描かれていて、健康と長寿の願いが込められているそうです。

今日も平日ですが「大安」でお日柄がいいこともあり、たくさんのご家族が七五三のお詣りに来られていました。着物を着て千歳飴を持ったお子さんたちは、本当にかわいくてほっこりした気持ちになりました!

神社の中にある椿会館では、衣装の貸し出しや、写真撮影、お食事も楽しんでいただくことができます。衣装の貸し出し、写真撮影については事前にご予約をお願いします。

そして、感染症の対策としてしっかり換気を行っているほか、マスクの着用や検温、手指の消毒をお願いしていますので、ご協力をお願いいたします。



ご出演いただきました禰宜の田中さん、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◇椿大神社
◆三重県鈴鹿市山本町1871
◆TEL 059-371-1515