番組審議会

「番組審議会からのお知らせ」放送内容

2012年5月「原光隆ニュースファイル」 「番組審議会からのお知らせ」放送内容

東海ラジオ放送 番組審議会からのお知らせです。
5月の番組審議会がこのほど開かれ、「原光隆ニュースファイル」について審議が行われました。出席した番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。大西信之、熊倉浩高、中西英夫、宮﨑眞知、村瀬大一郎、以上の皆さんです。今回は山﨑委員長が書面出席のため、宮﨑副委員長が規約により委員長を代行しました。東海ラジオ放送側からは、志村富士夫代表取締役社長、小畑耕一常務取締役制作局・開発担当、加藤康雄取締役業務局長、角田功治取締役制作局長、田中康之業務局次長兼編成業務部長、北敏明制作部次長が出席しました。
「原光隆ニュースファイル」は4月2日スタートの新番組で、毎週月曜日夜8時からの生放送、今回は4月9日放送分を審議しました。この番組は、まず「今日のニュース」、続いて「先週の出来事」で一週間を振り返り、次に「今週の世の中の動き」を原アナウンサーが伝え、「中日新聞こどもウィークリー」の編集長山田伝夫さんが「分かり易く」をコンセプトに解説する構成です。

各委員の意見です。

≪全体としては≫
「テンポ良く30分間聞けた」 
☆内容については
「ローカルニュースを入れても良いのではないか」
「『分かり易く』がコンセプトの割には、事前の知識がないと分かりにくい内容だった」
「リスナーの質問を受け付けても良いのではないか」
「ニュースのクレジットを付けた方が良いと思う」
「生の現場の音や記者会見の声を入れ、イマジネーションを刺激するような作りにしたらどうか」
☆アナウンサーについては
「原アナの見方や意見などをもっと出したらどうか」
☆コメンテーターについては
「親しみやすい反面、語尾が気になる」
「一つひとつの解説を、リスナーに丁寧に伝えようという思いが伝わる」
「もっと断言的にコメントした方が良い」

といった意見が出されました。

東海ラジオからは「審議委員からの意見を受けて、今後の番組制作に反映させるよう、検討と研究を重ねます」と答えました。又、リスナーの皆さんから寄せられたお問い合わせや苦情などは、4月は172件で、新番組に関する問い合わせが多く寄せられたことを報告しました。以上が5月の番組審議会の概要です。                      (事務局 佐枝一史)