アナウンサー 一覧に戻る

ゲンカレチ 専務車掌 源石和輝

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

5.28 『語らい~鵜に学べば~』 臨時列車

源石がプロデューサーを務めた番組を2本、放送します。
のりかえ≫1本目『なんで私がメダリスト』5.21放送


小瀬鵜飼(岐阜県関市、長良川)

2本目は『語らい~鵜に学べば~』。東海地方でもおなじみの伝統漁法「鵜飼」を通して、持続可能性と多様性を考えます。5月28日土曜19:00-20:00放送。
のりかえ≫radikoで聴けます


案内役は空木マイカさん

1300年の歴史がある鵜飼。東海地方には岐阜県の「長良川鵜飼」「小瀬鵜飼」、愛知県の「木曽川鵜飼」と、全国11ヶ所のうち3つが集中しています。その鵜飼は現在「コロナ禍による観光客減少」「鵜匠らの後継者不足」「環境の変化がもたらす生態系への影響」といった問題に直面しています。


長良川鵜飼(岐阜市)の鵜匠代表杉山雅彦さん(右)を取材

持続可能性や多様性が求められる現代に、鵜飼は生き残ることができるのでしょうか。いや、むしろ持続可能性や多様性こそが、鵜飼が生き残るヒントになりそうです。番組では「鵜」「鮎」「川」など鵜飼を取り巻くさまざまな環境とこれらと語らう「人」にスポットを当て、鵜飼の魅力を再確認し、鵜飼の未来を考えます。


鵜と語らう