アナウンサー 一覧に戻る

ゲンカレチ 専務車掌 源石和輝

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『防災の抽斗!』優秀賞&グランプリ候補に 定期列車

地震発生時刻14時46分、1分間の黙祷をそのまま放送

3月11日に放送された『源石和輝!抽斗!特番 東日本大震災から10年 防災の抽斗!』が、2021年日本民間放送連盟賞番組部門ラジオ生ワイド優秀賞になりました。またグランプリ候補にも選ばれました。出演者およびスタッフ各位、そしてリスナーのみなさまにこの場を借りて御礼申し上げます。
のりかえ≫日本民間放送連盟
のりかえ≫東海ラジオトピックス


名古屋大学減災連携研究センター特任教授新井伸夫さん(左)


今も被災地の取材を続けるラジオ福島パーソナリティ大和田新さん


当時プロ野球楽天イーグルス選手だった山﨑武司さん(中I)

中部・北陸地区審査で1位となったのを受けて各地区の1位作品による中央審査会に進んだ同番組。最優秀こそ逃しましたが優秀賞に選出されました。さらにラジオ、テレビ別に番組部門全種目の最優秀およびこれに次ぐ優秀賞1番組で構成されるグランプリ候補にノミネート。ラジオは報道、教養、エンターテインメント、生ワイド各2番組、合計8番組の中から「グランプリ」「準グランプリ」が決まります。つまり抽斗!特番はこれらに選ばれる可能性があるということです。


震災直後、名古屋市の行政丸ごと支援で岩手県陸前高田市に派遣された保健師日髙橘子さん(右)


津波で流された位牌修復ボランティアにあたった都築数明さん(中)

優秀賞は『大人になるということ~愛知県犬山市・新成人の集い~』(2001年ラジオ報道)以来20年ぶりですがグランプリ候補は初めて。もうどう表現していいか分からない喜びと、長くこの仕事を続けてきてよかったという実感、そしてさまざまな人々に支えられてきたという感謝に包まれています。グランプリ作品は11月9日の民間放送70周年記念全国大会式典で発表。よい報告をお届けできればと思います。


街頭インタビューとともに当時東京で遭遇した経験を語ったトシボーイ(デラスキッパーズ)


130年前の濃尾地震の記憶を今に伝える岐阜市の震災紀念堂