アナウンサー 一覧に戻る

村上和宏の情報ちゃんぷるー

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

半年間ありがとうございました。

9月25日の放送をもって、「村上和宏のドラゴンズステーション」は皆様のお力添えのおかげで無事最終回となりました。
この歳で火~金帯番組の担当になる際は、「2時間なら体力的に何とかなるか…。」と思っていたのですが、新型コロナウイルスの影響でプロ野球開幕が延期に。番組は当初の5時55分までからナイターオフ編成と同じ7時まで延長されることになりました。
始めは「4月24日に開幕」との決定で「一ヶ月なら何とかなるか。」と思っていたのに緊急事態宣言が全国に出され
「開幕無期延期」になりました。
本来なら開幕戦だった3月20日の広島―中日戦から無観客の練習試合として試合があるうちはまだよかったのですが
練習試合も打ち切り、緊急事態宣言で球団活動も休止となり、ほとほと困り果てました。
4時から7時までの3時間、ドラゴンズの番組なのにドラゴンズの最新情報がほとんど手に入らない…。
球団活動休止で、キャンプ前のような「自主トレ」となったわけですが、球場内にはテレビ代表1社で3名まで、新聞代表1社2名までの代表取材のみ立ち入りが球団指定の一時間だけ許可され、代表社以外は球場敷地内への立ち入りも禁止、選手への取材も全てリモート、もしくは電話限定、各社の個別取材は全面禁止とまさに手かせ足かせ状態。
こんな中、日替わりでスタジオに入ってくれる解説者の方とある人とは昔話に花が咲き、ある人とは現役時代の思い出話に花が咲き…と、予定通り開幕していたらペナントレースを追いかけて出来なかった話しをたっぷりとすることが出来ました。
25日のエンディングでもお話ししましたが、私が子供の頃のプロ野球の話しから入社してドラゴンズに携わるようになって以降今日の話しまで、ありとあらゆる話題で盛り上がることが出来ました。
リスナーさんからのメッセージも、当時を知る人からは「懐かしい」、知らない世代からは「知らなかった」と様々な反応を頂き、番組を盛り上げていただきました。

今思えば、私にこの半年間「ドラゴンズステーション」担当の白羽の矢が立ったのは神様が「今年は開幕が遅くなるから村上にやらせよう」と思われたとも感じます。
年上の解説者の方とは古い話もでき、同世代以下の解説者の方とはそれこそ入団からずっと同じ時間を共有してきた仲間として、今だから言える思い出話や裏話で盛り上がる。
また、デラスキッパーズの大喜利コーナーでは人脈の乱用で開幕前までドアラ先生、巨匠つば九郎にも参加してもらえました。
他のアナウンサーではこうはいかなかったかもと、今振り返って考えます。

さて、「ドラゴンズステーション」は9月28日から5時15分からに放送開始時間が変更になり、月曜日は山浦ひさしさんとSKE48チームKⅡ、ガッツナイターサポーター日高優月さん、火曜日から金曜日は大澤広樹アナウンサーが担当となります。
私は今後裏方として番組を支える側にまわります。
まだまだ続くペナントレース、さらにパワーアップする「ドラゴンズステーション」をこれからも宜しくお願いします。

番組宛にメッセージを送ってくださった皆さん、そして大半の聴くだけリスナーの皆さん、半年間番組を支えて下さって本当にありがとうございました。
また、この場を借りてパートナーの前野沙織アナウンサー、月曜日を担当してくれた井田勝也アナウンサー、デラスキッパーズのお二人、三浦志麻さん、プロデューサーとして大活躍してくれた森貴俊アナウンサー、各曜日のディレクターの皆さん、ミキサーさん、ADさん、本当にお世話になりました。

これからも皆さんと一緒にドラゴンズを応援していきます。
半年間、本当にありがとうございました。    拝