アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『保育士試験合格記 ①きっかけ』 日々

わたしが保育士試験に合格した件で、友人、知人からの連絡やSNSなどで、想像以上に反響があって驚いています。きょうから3回に分けて「合格記」をアップします。よろしければお付き合いください。

① きっかけ
2016年6月22日、わたしは父になりました。わたしはもともといわゆる「子ども好き」だったわけではありません。どちらかというと「どう接したらいいかわからない」というのが本音で、むしろ苦手だったかもしれません。しかし、この日をきっかけにわたしの人生観、子ども観が一変しました。  

いまやわたしは子どもが大好きです。見知らぬ子でも話しかけたいくらいです。もちろんいま、世間の目を考えたらそんなことはできません(笑い)。我が子の育児も当然、妻と二人で協力し、手探り、試行錯誤しながらではありますが、一生懸命にやっているつもりです。もちろん楽しいことばかりではなく、思い通りにいかずにいら立つこともあります。自分の時間が取れないことがストレスになることもあります。それでももちろん大切な大切な我が子です。  

我が家は共働き家庭です。2018年4月、我が子の保育所生活が始まりました。当時我が子はまだ1歳、大丈夫だろうか、さみしい思いはしないだろうか、とても不安なスタートでした。しかし、我が子は頑張りました。1歳児クラスのころはしょっちゅう風邪をひき、熱を出し、保育所を休むことにもなりましたが、妻との連携、協力、両親の手助けを受けながら、今では笑顔でほぼ休むことなく登園し、もう3歳児クラスも後半です。これもひとえに我が子の保育所の職員、保育士の皆さんの尽力のおかげです。自分の子どもひとりでも大変で手一杯なのに、保育士の皆さんが保育の専門家として丁寧に大切にかかわってくれているからこそ、いまの元気な我が子があります。我が子が通所するようになって「保育士は尊い職業だな、すごいな」と「職業としての保育士」に興味を持つようになりました。もちろん、日々のニュースに接し、保育所の待機児童問題や幼児、児童虐待、さらに要保護児童問題など子どもを取り巻く環境の問題についての興味、関心が尽きなくなりました。


わたしの受験票